fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
ワインランド ④
◆交通

現在は舗装された道路が整い、ケープタウンからステレンボッシュやドラケンシュタイン地域にあるパールやフランシュフック、ウェリントンの町には、自動車で1時間ほど走れば行くことができます。

●馬車道
1657年にアブラハム・ガッベマ(Abraham Gabbema)らが探検して、ドラケンシュタイン地域はケープタウンにいたヨーロッパ人に広く知られるようになりましたが、探検以降しばらくの間、新たに訪れるヨーロッパ人はほとんどいませんでした。(ワインランド①
理由の一つは、ケープタウンからドラケンシュタイン地域までケープフラッツと呼ばれる砂地が広がっていることと、川がいくつも横切っていて、馬車(牛車)の往来を妨げていたからでした。

現在のケープフラッツ
※現在のケープフラッツ

シモン・ファンデルステルがステレンボッシュを探検し、その後フリーバーガーたちが入植し、農地を開拓し始めた1680年代の終わりから、ケープタウンとの馬車道も徐々に作られていきました。
1700年代初めには現在のN1(国道)に沿ったルートにドラケンシュタイン(パール)とケープタウンを結ぶ馬車道もできていました。
そのほかに、パール山を周回する道や、パールから現在のウェリントン(Wellington)を抜け、ドラケンシュタインの北部までつながる道もできました。

ケープタウンとドラケンシュタインを結ぶ馬車道
※1700年頃のケープタウンとドラケンシュタインを結ぶ馬車道(Illustrated History of South Afrika:Readers Digest出版を参照)
(地図引用 ※01)

一方、雨風によってこれらの道が荒れて通行できなくなることもしばしば起きたので、この地域を統括していたステレンボッシュの議会は、家畜に対して課税して資金を集めたり、農民が所有している奴隷たちを一定期間徴用して道路の整備を行いましたが、十分ではありませんでした。

Cape Flatsを進む牛車
※Cape Flatsを進む牛車(1780年代)
(引用 ※02)

イギリスがケープを植民地化した1800年代以降、道路整備専門の部局が作られ、道路を利用する人たちから通行料を取って整備の費用に充てたり、囚人を使った道路整備によって状況が良くなっていきました。

ただし、現在のようにアスファルトで舗装された道路ではなかったので、砂や石で路面がデコボコしていたり、道路を横切るいくつもの小川を渡ることが大変だったという記録がドラケンシュタインを訪れた旅行者によっていくつも残っています。



引用元:
※01 google map
※02 GOOD HOPE(Rijks Museum出版)


スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ワインランド | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する