fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
ダーバン(Durban) ②
◆サトウキビ プランテーション

イギリスは、1843年にナタール共和国(現在のクワズールー・ナタール州の南側)をフォールトレッカーから奪い、ナタール植民地としました。
イギリス人がナタールへ入植した当初は皮革や象牙の貿易が中心で、土地はまだ手付かずの状態でしたが、肥沃であることはわかっていました。
入植者たちは農地への転換を進めるため、温暖で湿度の高いこの地に適した作物を探りました。

1847 年から 1851 年にかけて、ダーバン北の海岸から数キロの範囲に、熱帯の作物を栽培する 8~200 ヘクタールの小規模農園が設立されました。
コーヒー、綿花、タバコ、藍、アロールート(地下茎からでんぷんが取れる植物)、サトウキビなどが試験栽培され、サトウキビが最も適していることがわかりました。

サトウキビ
※サトウキビ

ダーバン近郊のコンペンセーション(Compensation:現在のBallito近郊)という地域で綿花農場を営んでいたエドムンド・モアウッド(Edmund Morewood)は、1848年(1847年という記述もある)にサトウキビの栽培を紹介されたことをきっかけに、いち早くインド洋に浮かぶモーリシャスからサトウキビの苗を輸入して植え、1851年にはスタンガー(Stanger:Ballitoの北)というところに製糖工場を建設しました。
彼は1851年の終わりに初めて砂糖を生産し、翌年の初めにはNatal Times誌によって広く知られました。

これをきっかけに、サトウキビ栽培を始める農家も増え、1855年には「植民地砂糖」としてダーバンで一般販売されるようになりました。
1860年までに、ナタールの北海岸を中心に約4953ヘクタールにサトウキビが植えられ、23の製糖工場が稼動していました。
(ただし、初めて砂糖生産に成功したモアウッドは資金調達がうまくできず、1853年にナタールを去ってしまいました)

1860年以降、ロンドンの資本が入ったこと、砂糖生産設備が蒸気機関を使ったものに置き換わって効率化したこと、農場で働くためにインドからの移住者が増えたこと、より多くの砂糖を生産できるサトウキビの品種の導入等があり、ナタールでの砂糖産業は拡大していきました。
1880年には、約7328ヘクタールでサトウキビが栽培され、70の工場が稼動し、砂糖の輸出額は21万5,000ポンドありました。
1910年にはズールー族が居住する地域(ツゲラ川より北側)にも農地が拡大し、生産者も吸収・合併が行われて大規模化・効率化が行われていきました。

サトウキビ畑① サトウキビ畑②
※写真奥の緑の斜面もサトウキビ畑が続いています。

その後、深刻な干ばつやイナゴの大発生、経済制裁などがあって短期的に上下はしましたが、クワズールー・ナタールでのサトウキビ栽培・砂糖生産はさらに拡大していきました。

現在はクワズールー・ナタール(KwaZulu-Natal)州と隣のムプマランガ(Mpumalanga)州の約23,000の契約農家でサトウキビ栽培がおこなわれ、これらの州の農業収入の半分を占めています。
また、製糖会社は6つの巨大な企業に集約されて14の製糖工場(うち12ヶ所がクワズールー・ナタール州)が稼働し、サトウキビ栽培から砂糖の生産までで直接間接含めておよそ44万人の雇用を生み出す産業となりました。
2019年の統計では、南アフリカの砂糖生産量は1,900万トンほどあり、砂糖生産国の15番目にランキングされています。

陳列棚の砂糖
※6つの企業の一つ、トンガート・ヒューレット・シュガー・リミテッド(Tongaat-Hulett Sugar Limited)は、1857年にイギリスからダーバンに移住したジェームズ・リエージュ・ヒューレット(James Liege Hulett)によって1892年に設立された会社が元になった会社です。


スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ダーバン | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する