fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
ウォーターフロント(V&A Waterfront) ⑬
ウォーターフロント内にあるダイヤモンド博物館は、コロナの影響でしばらく休館になっていましたが、再開したので行ってきました。

◆ダイヤモンド博物館(Cape Town Diamond Museum)

ダイヤモンド博物館
※博物館の入り口(受付)はこの右側にあります。

ここはシマンスキー(Shimansky)という宝石店が運営するダイヤモンドに関する博物館です。

博物館では、パネルや模型、実物を展示して南アフリカのダイヤモンド産業の歴史を紹介しています。
また、博物館奥にはシマンスキーの製品を製造する工房もあり、実際に加工している様子も見ることができます。

南アフリカのダイヤモンドは、1867年に現在の北ケープ州・ホープタウン(Hopetown)近くの農家の子供が、川のほとりで発見したのが始まりでした。
その後、現在のキンバリー(Kimberley)で大きなダイヤモンド鉱床が見つかり、ダイヤモンドラッシュが起きました。

現在は、ロシアやアフリカ諸国でも産出されて産出量トップの座を明け渡していますが、今でも5本指に入るほどの産出量を誇っています。

ダイヤモンドの歴史
※ダイヤモンドの歴史と人類との関わり

南アフリカのダイヤモンドの歴史
※南アフリカのダイヤモンドの歴史

キンバーライト鉱石
※ダイヤモンド原石が含まれるキンバーライト(Kimberlite)鉱石の実物。

採掘に使った道具と当時をしのぶ印刷物
※キンバリーでダイヤモンドラッシュが起きたときに採掘に使った道具や、その当時をしのぶ印刷物。

キンバリーの採掘割当書
※当時のキンバリーの採掘鉱区の割当書。


博物館裏の工房も見学できます。
ウォーターフロントにこんな工房があるとは知りませんでした。

工房の様子 ダイヤモンドの研磨機

工房の様子。この日は指輪の研磨作業をやっていました。
この工房ではダイヤモンドの研磨もしているそうです。


工房に併設されているジュエリーの展示販売所。

展示販売所

決して商品を売りつけようとはせず、ダイヤモンドのグレード基準(一般に4Cと言われるもの)の説明や、カットされていない原石を見せてくれるなど、丁寧に説明してくださいました。

ダイヤモンド原石 ダイヤモンドの4Cグレード

まだカットされていない原石。
皿の上の透明なものは宝石用に、黒っぽいものは工業用として研磨剤にされて使われるそうです。

色つきダイヤモンドのいろいろ ダイヤモンドカットのいろいろ

ダイヤモンドというと、無色透明なものというイメージを持っていましたが、黄色やピンク、青、赤茶色、黒など、いろいろな色があることがわかりました。
色によって値段が大きく変わりますが、逆にその色を生かして身につけるのも面白いかなと思いました。


シマンスキーはダイヤモンドだけでなく、タンザナイトも扱っています。(タンザナイトはタンザニアで採掘されたもの)

タンザナイト タンザナイトの色のグレード

タンザナイトは価格的にはダイヤモンドには及びませんが、産出される鉱山が世界中で1か所しかなく、産出量が少ない貴重な宝石です。
(パネルにはダイヤモンドの千分の一と書いてありますね)
色は青色と紫色の2種類あって、色の濃い方が価値が高いそうです。
色の濃いものはあまりギラギラしていないので、落ち着いた感じのする石でした。




博物館を見学する間、お店の人が一人ついてくれて、詳しく説明してくれます。(英語ですが)
私が訪問した時は、2時間ほどかかりましたが、私一人に対していろいろと教えてくださいました。
(そもそも博物館の見学なので、宝石を買わせようとしつこくまとわりついてくることはないのでご心配なく)

自然(神様)が長い年月をかけて作り出したものって、神秘的でとても惹きつけられますね。
見ていたら私も欲しくなりました。


ちなみに、この宝石店(シマンスキー)を作ったヤイール・シマンスキー(Yair Shimansky)ですが、宝石商として日本で2年過ごしたことがあるそうです。


ダイヤモンドの原石や加工工程を見る機会はなかなか無いと思うので、宝石に興味ある方はウォーターフロントに行った際に立ち寄ってみてはいかがですか?


***** 基本情報 *****
・ 場所: クロックタワー・リテールセンタ(Clock Tower Retail Centre)2階
・ 開館日: 毎日
・ 開館時間: 9:00~17:00(クリスマス等、祝日は営業時間に注意)
・ 入場料: 100ランド(14歳以上)無料(14歳未満)
・ webサイト: https://www.capetowndiamondmuseum.org/

Waterfront 外観図
(引用: GATEWAY GUIDES


スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

V&Aウォーターフロント | 17:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する