fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Capetonianな暮らし - にほんブログ村


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

ケープ半島 ⑭
◆ミューゼンバーグ

●交通
ミューゼンバーグのビーチまでも、サイモンズタウン同様、レンタカーか運転手付きの車両を使って行ってください。
コンスタンシア(Constantia)経由(M3経由)で片道30分ちょっとかかります。

・駐車場
ミューゼンバーグのビーチ前に駐車場があります。
いつも混んでいて空いているスペースが少ないのと、人が歩いているので、駐車場に入ったら徐行してください。

●トイレ
カフェを利用して使わせてもらうのがいいですが、ビーチにも公衆トイレがあります。

ミューゼンバーグからフィッシュフック 地図
※ミューゼンバーグからフィッシュフックまで
(引用 ※01)

ミューゼンバーグ 地図
※ミューゼンバーグ周辺
(引用 ※02)



◆見どころ・アクティビティ

●ローズ・コテージ博物館(Rhodes Cottage Museum)

Rhodes Cottage(現在博物館)

この建物は、南アフリカで産出されるダイヤモンドや金で莫大な富を得て、ケープ植民地の首相にまで上り詰めたセシル・ローズ(Cecil John Rhodes)が、首相を失脚した後の1899年に購入したコテージです。

※世界のダイヤモンドの流通・販売をほぼ独占しているデビアス社(De Beers)のもとになったデビアス鉱山会社を設立した一人がセシル・ローズです。

その年の終わりに始まった第2次ブール戦争(金鉱が発見されたトランスバール共和国とイギリスとの間の戦争)で、キンバリーにいたセシル・ローズは翌年までトランスバール共和国に包囲されて身動きができませんでしたが、その間に持病(心臓病)が悪化したため、包囲が解かれた後このコテージに戻りました。
しかし療養の甲斐なく、1902年3月26日の夕方、このコテージで亡くなりました。

その後、このコテージは北ローデシア政府に所有権が渡ったこともありますが、最終的にケープタウン市に寄贈されました。
1938年に国定記念物に指定され、1953年にセシル・ローズに関する博物館としてオープンしました。

Rhodes Cottage Museumの様子 1 Rhodes Cottage Museumの様子 2

開館時間:10:00~13:00(月~日曜日)
入場料:無料(寄付)

●ヨコハマハウス(Yokohama House)

Yokohama House

日本の地名がついた家がミューゼンバーグにあります。
この家は、壁に日本の紙張り子の手法が使われていて、100年以上前の1906年に建てられました。
現在もケープの強い風や潮風に耐えながら個人の住宅として使われています。

個人宅なので、敷地の中に入ることはできませんが、メインロード(M4)沿いにあるので、車で通る際、建物を見ることができます。

また、この建物のすぐそばにミューゼンバーグの戦い(ケープ半島 ④ 参照)の史跡があります。

Battle of Muizenberg 史跡
(写真を撮りに行った日は案内板が外されていました)


●カーサ・ラビア(Casa Labia)

Casa Labia

この建物は、18世紀のヴェネチアの優雅な雰囲気がデザインに取り入れられて、当時のイタリア全権大使、ナターレ・ラビア(Natale Labia)伯爵夫妻の住宅兼公邸として1930年に建てられました。

夫のナターレの死後、他国の大使館としても使われましたが、1985年、ラビア家はこの家を博物館と文化センターとして使ってほしいと南アフリカ共和国に寄贈しました。
2008年にルッチョ・ラビア伯爵(ナターレ・ラビア伯爵の息子)は所有権を取り戻して、現在のようなイベント会場やレストランとして一般に公開しました。

Casa Labia レストランの様子1 Casa Labia レストランの様子2

ケープ半島を観光した帰り道にこちらに立ち寄ってお茶でもいかがでしょうか。

チョコレートブラウニーとルイボスティー
※チョコレートブラウニーとルイボスティーを頼んでみました。

Casa Labia:https://www.casalabia.com/

●ポストフイス(Het Posthuys)博物館

Posthuys Museum

この建物は元々、オランダ東インド会社によって軍事監視所として建てられ、サイモンズ湾に農産物を売りに行く農民に対して通行料を取るための関所としても使われました。
ミューゼンバーグの地名にもなったワイナンド・ウィレム・ミューゼ(Wynand Willem Muijs)軍曹もここにいたそうです。

この建物が建てられた年代について議論が続いていますが、キャッスル(Castle of Good Hope ②)が建てられた同時代の古い建物です。
(建設開始はキャッスルの方が早いですが、完成したのはこちらの方が早いと言われています)

ケープがイギリスの植民地になってからは軍司令官の宿舎としても使われ、後に民間の住居としても使用されて現在は博物館として使用されています。

オランダ東インド会社がケープに入植した時の様子や、イギリスが侵略してきたミューゼンバーグの戦いの様子、ミューゼンバーグの歴史などが学べます。

開館時間:10:00~12:00(金・土曜日のみ)
入場料:無料(寄付)

●フィッシュフックバレー博物館(Fish Hoek Valley Museum)

Fish Hoek Valley Museum

古代の人類遺跡ピアーズケーブ(Peers Cave)やフィッシュフックの町の歴史、フォルス湾での捕鯨の歴史などが学べます。

Fish Hoek Valley Museumの様子

開館時間:9:30~12:30(火~土)
入館料:10ランド

●サーフィン / パドルサーフィン(SUP:Stand up Paddleboarding)

Muizenbergのサーフィン 1 Muizenbergのサーフィン 2

サーフィンで人気のあるミューゼンバーグの砂浜で、サーフィンやパドルサーフィンを試してみてはいかがですか?
機材やウェットスーツなどのレンタルや初心者向けのレッスンも受けることができます。

サーフィンショップ 1 サーフィンショップ 2

安全には十分気を付けて楽しんでくださいね。

LIFESTYLE SURF SHOP:https://lifestylesurfshop.co.za/
SURF EMPORIUM:https://surfemporium.co.za/
XPRESSION ON THE BEACH:https://xpressiononthebeach.com/cape-town/
GARY’S SURF SCHOOL:https://garysurf.com/
SURFSTORE AFRICA:https://surfstore.co.za/



引用元:
※01: Bing Maps
※02: Google Maps


スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ケープ半島 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する