fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
Castle of Good Hope ⑤
<キャッスルの見どころ>

◆入口 ゲート

キャッスル 入口ゲート

門柱の上に一対の狛ライオンが横たわっています。
外に置かれている狛ライオンはレプリカで、オリジナルはキャッスル内の陶芸展示室で見ることができます。
日本の狛犬と違って、どちらも口を開いていますね。
日本の狛犬も元をたどっていくとライオンだったようです。


◆稜堡(Bastion)

稜堡の名前
(引用 ※07)

キャッスルの各頂点にある稜堡(Bastion)には名前が付けられており、オレンジ公(オランダ王家)の王子の領地の名前であるリーダム(Leerdam)、ビューレン(Buuren)、 カッツェネレンボーゲン (Catzenellenbogen)、 ナッソー(Nassau)、オラニエ(Oranje)という名前が付けられています。

稜堡のネームプレート(Leerdam)

各稜堡には名前のプレートが取り付けられていて、どれがどの稜堡かわかります。

壁の上方が石の壁でなく、レンガ造りになっていますが、この部分はイギリスの植民地時代に新たに追加された部分です。


◆キャッスルの出入口

出入口とベルタワー

現在のキャッスルの出入口です。出入口の上にはベルタワーがあります。

ベルタワーは1684年に建てられました。
鐘のオリジナルは1697年にアムステルダムで鋳造され、現在、南アフリカでもっとも古い鐘になります。
当時はキャッスルの中の日時計を見て、1時間ごとに時刻を知らせたり、住民や兵士に危険を知らせたり、招集するために使われていたそうです。

この鐘は今でも、キーセレモニーのとき鳴らされています。



出入口ペディメント (外側)

現在の出入口の上にあるペディメント(切妻)です。(外側)
中央の王冠をかぶったライオンはオランダ(ネーデルラント連邦共和国)の国章です。手には剣(権力)と7本の矢(7つの州)を持っています。

その下には6つの紋章(盾や旗に用いた紋章:coat of arms)が並んでいますが、オランダ東インド会社の支社があったオランダの都市、(左から)ホールン(Hoorn)、デルフト(Delft)、アムステルダム(Amsterdam)、ミッデルブルフ(Middelburg)、ロッテルダム(Rotterdam)、エンクホイゼン(Enkhuizen)の紋章になります。

それらの紋章の両側には、オランダ東インド会社のモノグラム(VOC:Verenigde Oost-Indische Compagnie)があります。

また、紋章の下の黄色っぽいレンガは、元々オランダ東インド会社の交易船のバラストとして使っていたレンガでした。


◆内部のペディメント(切妻)

出入口ペディメント(内側) 出入口ペディメント(以前の様子)
(右側写真 引用 ※05)

出入口を入って上を見上げると、内側にもペディメントがあります。
中央にはヘルメットをかぶった騎士といろいろな武器、旗がデザインされ、両側には商売や旅の神マーキュリー(Mercury)と海の神ネプチューン(Neptune)が座っています。

以前は左の写真のように杖(caduceus)と三つ叉の矛(trident)を持っていましたが、今は杖も矛も持たないで座っています。
少しお疲れのようす...

観光ガイドの試験で、「Mercury」と「Neptune」と書かないで、「Hermes」と「Poseidon」と書いたら、「それはギリシャ語で英語名じゃない」といって点数をもらえなかった思い出があります。


引用元:
※05 Castle of Good Hope(wikipedia英語版)
※07 OpenStreetMap



スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

キャッスル | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する