fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
コンスタンシア(Constantia) ⑤
◆コンスタンシア地区への交通手段

コンスタンシア地区は、車で30分程度かかります。

●ドライバ付き車両
費用は少しかかりますが、訪問する場所や滞在する時間を自由に決めて回ることができます。
1日使ってテーブルマウンテン登頂やカースティンボッシュ植物園訪問とも組み合わせて、コンスタンシアでワイナリ訪問(食事やワイン試飲)するのも一つの方法です。
また、ワイナリの開いている時間に気を付けなければいけませんが、ケープ半島を観光した帰り道に立ち寄るというのも可能です。

●レンタカー
ドライバ付きの車両同様、訪問する場所や時間を自由に決めることができて便利な方法ですが、ドライバの方はワインの試飲ができないのが難点です。
南アフリカ国内でも飲酒運転に対する罰則が最近厳しくなったことと、事故を起こしたら旅行が台無しになるので、飲酒運転はやめてください。

●City Sightseeing Tourバス(Hop-On Hop-Offバス)
Webサイト: https://www.citysightseeing.co.za/en/cape-town
ツアーバスに乗ってグルート・コンスタンシア(Groot Constantia)、ビュー・コンスタンシア(Beau Constantia)、イーグル・ネスト(Eagles’ Nest)の3つのワイナリに行くことができます。
およそ1時間(±30分)ごとにバスが巡回し、チケットを持っていれば、どの時間帯のバスでも乗ることができます。

ウォーターフロントまたは街の中心(ロングストリートのオフィス)などの乗り場からMini Peninsula Tourのバスに乗り、カーステンボッシュ植物園を経由して、コンスタンシアのワイナリを巡回していきます。
コンスタンシアからの帰り道には、ホウトベイを経由して街まで戻ります。

費用を低く抑えられる反面、巡回するワイナリ以外に行けないのと、機動的に(効率的に)観光して回ろうとすると、少し不便かもしれません。

●タクシー(Uber)
ドライバ付き車両同様、訪問する場所や滞在する時間を自由に決められ、飲酒運転を気にせずワインを楽しむことができるのが利点です。

ワイナリに付け待ちのタクシーはいないので、帰りの手配も忘れずにしておいてくださいね。

コンスタンシア地区

*********************

◆コンスタンシア地区のワイナリ
現在、コンスタンシア地区には以下のようなワイナリがあります。
ワインの試飲やレストランでの食事は予約が必要なところがありますので、事前にwebサイトでご確認ください。
個々のワイナリについては、別途記事にしようと考えています。

●グルート・コンスタンシア(Groot Constantia)
ワインの試飲:可(敷地内に3か所あります)
食事:可(Jonkershuis レストラン / Simon's レストラン
Webサイト: https://grootconstantia.co.za/

ワインの試飲やレストランでの食事以外に、ここを所有していたクローテ家が住んでいたころの生活を再現した博物館もあります。
また、ワイナリの見学とワインの試飲がセットになった体験コースもあります。


●クレイン・コンスタンシア(Klein Constantia)
ワインの試飲:可
食事:可(The Bistro レストラン)
Webサイト: https://www.kleinconstantia.com/

ヘンドリック・クローテ(Hendrik Cloete)が作り出したコンスタンシアワインをできる限り忠実に再現した「ヴァン・ド・コンスタンス(Van de Constance)」も試飲できます。

●バイテンフェルワハティング(Buitenverwachting)
ワインの試飲:可
食事:可(Beyond レストラン) 
Webサイト: http://www.buitenverwachting.com/

レストランのほかにCoffee BloCというコーヒーショップもあります。

●ビュー・コンスタンシア(Beau Constantia)
ワインの試飲:可
食事:可(Chef's Warehouse レストラン
Webサイト: http://www.beauconstantia.com/

●コンスタンシア・グレン(Constantia Glen)
ワインの試飲:可
食事:可(レストランあり)
Webサイト: https://www.constantiaglen.com/

●イーグルズ・ネスト(Eagles’ Nest)
ワインの試飲:可
食事:可(レストランはありませんが、ワインを試飲する際の食べ物があります)
Webサイト: https://www.eaglesnestwines.com/

●シルバーミスト(Silvermist)
ワインの試飲:不可
食事:可(La Colombe レストラン / Green Vine Eatery レストラン)
Webサイト: https://silvermistestate.co.za/

●ハイ・コンスタンシア(High Constantia)
ワインの試飲:可
食事:不可
Webサイト: http://highconstantia.co.za/

●コンスタンシア・アイツァ(Constantia Uitsig)
ワインの試飲:可
食事:可(Blockhouse Kitchen レストラン / La Grotto レストラン) 
Webサイト: http://uitsig.co.za/

レストラン以外にヘリテージ・マーケット(Heritage Market)というところが敷地内にあり、簡単な食べ物やアイスクリームなどを購入することもできます。

●スティーンバーグ(Steenberg)
ワインの試飲:可
食事:可(Tryn レストラン)
Webサイト: https://www.steenbergfarm.com/

コンスタンシア地区ではありませんが、ケープ半島からの帰り道に寄り道できるところにあります。



車を運転する場合は飲酒を控えてくださいね。

ワイナリ コンスタンシア地区

スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

コンスタンシア | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する