fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
ライオンズヘッド(Lion’s Head) シグナルヒル(Signal Hill) ⑨
今回は山頂からの眺めを紹介します。

ライオンズヘッド山頂到着

山頂到着。
やっと着きました。

ライオンズヘッド山頂の様子

山頂の様子。
手前の岩が一番高いところでしょうか。
登っている最中、結構な人が私を追い抜いて山頂に向かってましたが、山頂に来るとほとんどいませんでした。
う回路を回っている間に、みんな降りちゃったのかな?


●山頂からの風景。

ライオンズヘッド山頂からの眺め(テーブルマウンテン) ライオンズヘッド山頂からの眺め(南側)

山頂から南側の風景。
テーブルマウンテンとその背後にトゥウェルヴ アポスルズ(Twelve Apostles)が見えます。山の麓はキャンプスベイ(Camp's Bay)地区です。

テーブルマウンテンのケーブルウェイも動いていました。
コロナであまり観光客がいませんが、ちゃんと稼働しています。


ライオンズヘッド山頂からの眺め(北側)

山頂から北側の風景。
シグナルヒルとウォーターフロント、テーブル湾が見えます。
遠くにはケープフォールドベルト(Cape Fold Belt)の山脈が続いています。

ライオンズヘッド山頂からの眺め(シーポイント)

少し海側に視線を移すと、シーポイント(Sea Point)地区と沖合にロベン島(Robben Island)が見えます。


ライオンズヘッド山頂のダシー

山頂すぐ下の岩の上でダシー(ロックハイラックス)が日向ぼっこをしてました。

ライオンズヘッド山頂のアカバネテリムク

アカバネテリムク(Red-winged Starling)。
人間の食べ物を狙っているのか、人がいるところにはたいていいます。(テーブルマウンテンの山頂でもよく見ます)
カラスのように真っ黒(メスは頭の部分がグレー)ですが、羽根を広げると赤茶色の羽根が目立ちます。


ライオンズヘッド山頂から下山

山頂から下山開始。
ゴツゴツした岩が見えるだけで道らしいものが見当たりません。
無事下山できるのかな...?

登山ルートの分岐点 2

崖をよじ登るショートカットルートと迂回ルートの合流地点のある木(松)まで戻ってきました。
山頂からの岩の難所を無事に降りられて、ひとまず安心しました。

登山道分岐点の標識 3
(場所K)

ルート分岐点の標識。
迂回ルートも結構怖い思いをしたので、下りはショートカット(Staples & Chains)ルートを降りることにしました。

ショートカットルートの途中

ショートカットルートの途中。
鉄製の足場(Staple)とチェーンが岩に取り付けられています。
手でつかんだり足を置く足場やチェーンがあるので、こちらを上り下りしたほうが安心かもしれません。

崖を降りたら、だいぶ気が楽になりました。
あとはもと来た道を戻るだけです。

花崗岩の岩

途中、花崗岩の上に登っている人たちを見かけました。
花崗岩が長い年月をかけて風化して角の取れた丸い岩になっています。
このような岩は「Boulder(ボウルダー)」と呼ばれますが、ペンギンコロニーのあるボウルダーズ地区の名前もここからきています。
(ペンギンコロニーにも丸くなった花崗岩がビーチにたくさんあります)

登山後のコーヒー
(場所A)

登山道入り口に到着。
登山道入口の移動カフェで冷たいコーヒーを買い、のどを潤しました。
怪我もせず無事に戻って来れてよかったです。


初めての登山だったので登りは慎重に登ったのと、写真を撮りながらだったので、登山道入り口から山頂まで2時間半かかりました。
下山は黙々と降りてきたので、1時間くらいで登山道入り口まで戻ることができました。

登り始めるときは駐車スペースには車がいっぱいでしたが、降りてきたころはほとんど車がありませんでした。
午後に登ったほうが混んでいないのかもしれません。



ライオンズヘッドの山頂までは、標高がテーブルマウンテンより低いので気軽な登山と考えていましたが、実際に登ると、靴だけはきちんとしたものを履いて登ったほうがいいと思いました。
角張った岩の上を歩いたり、よじ登ったりするので、足首をひねらないようくるぶしを包むハイカットで、ソールの硬いものが欲しくなりました。
(テーブルマウンテンを登るより危ない気がしました)

日影がないので帽子をかぶることと、両手を使えるよう、スマホやカメラ、水(ペットボトル)はデイバッグなどに入れて持ち運んでください。
紐の長い肩掛け鞄は、岩などに引っかかるので、やめたほうがいいです。

ライオンズヘッドの登山を検討している方は、準備をしっかりして、無理をしないで登ってください。


スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ライオンズヘッド | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2022-01-01 土 11:08:13 | | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2022-01-01 土 18:10:37 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する