FC2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、ウルトラライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

ボ・カープ(Bo-Kaap)地区 ④
<見どころ ①>

●ボ・カープ博物館(Bo-Kaap Museum)

Bo-Kaap Museum 外観

博物館となっている建物は1760年代に建てられたもので、ケープに入植したオランダ人たちが建てた当時のケープダッチ様式の特徴をそのまま残しています。(ボ・カープ (Bo-Kaap)地区 ①

博物館の展示物だけでなく、建物自体にも注目してください。
この建物は1965年に国の史跡として指定されました。

Bo-Kaap Museum 中庭

この博物館では、この地域に住んでいたケープ・マーレー(イスラム教徒)の歴史や生活の様子を紹介しています。

展示物 1 _ Bo-Kaap Museum 展示物 2 _ Bo-Kaap Museum

展示物 3 _ Bo-Kaap Museum 展示物 4 _ Bo-Kaap Museum

Community Centre _ Bo-Kaap Museum

●ケープダッチ様式の住宅

ケープに入植したオランダ人が建てた特徴ある住宅の様式です。
街の一般的な住宅と、郊外の農場にある屋敷の間で違いはありますが、主な特徴として以下のようなものがあります。

ケープダッチ様式

・白い壁(ボ・カープではいろいろな色に塗り替えられていますが)

・建物の前のストープ(平らなスペース:日本ではテラスと呼ばれています)。ストープの端に家族や訪問者とくつろげるよう椅子状の段差が作られていることもあります。

・縦長の大きい窓枠と小さなガラス板を格子状に並べた窓。下半分に木製の外開きの雨戸がついていることがあります。ガラスは当時ヨーロッパから持ち込んでいました。

・窓枠やドアなどの細部を緑色にしている。(壁の色同様、ボ・カープでは白色に塗り替えられているところが多いです)

・入口ドアは左右両開きのドアと、上下2つに分割されたドアの2種類があります。ドアの上には明り取りの窓があります。(ボ・カープ博物館は上下に分割されたドアがついています)

ケープダッチ様式 ドア

街の住宅にはありませんが、郊外の屋敷には、入り口の上に大きな切妻屋根があります。

ケープダッチ様式の屋敷 Groot Constantia ケープダッチ様式の入口

・街の住宅の屋根は平らでクジラの油と糖蜜を混ぜたもので防水加工していました。一方、郊外の屋敷は日本のかやぶき屋根のような屋根をしています。

********************
◆ボ・カープ博物館(Bo-Kaap Museum) 基本情報(2020年9月現在)

●閉館日: 日曜日、1月2日、Worker's Day(5月1日)、クリスマス(12月25日)、Eid-ul-Fitr(イスラム教ラマダン明けの祝日)、 Eid-ul-Adha(イスラム教犠牲祭)
●開館時間: 9:00-16:00
●入館料: 20ランド(大人)、10ランド(17~6歳)、5ランド(5歳以下)
●トイレ: 館内にあります。
●Webサイト: http://www.iziko.org.za/museums/bo-kaap-museum
********************


スポンサーサイト





にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ボ・カープ地区 | 17:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する