fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
カンパニーズガーデン (Company's Garden) ④
<見どころ ①>

◆Arch for Arch

Arch for Arch (カンパニーズガーデン入口)

アダリー通りに面する入口にあるモニュメントは、「Arch for Arch」(アーチ フォー アーチ)という名前がついています。
アパルトヘイト廃止の活動をしたデズモンド・ツツ名誉大司教(Desmond Tutu)の功績をたたえて2017年10月7日(デズモンド・ツツ名誉大司教の86歳の誕生日)に設置されました。
彼はその功績から1984年にノーベル平和賞も受賞しています。
ツツ名誉大司教には「The Arch」(アーチ)というニックネームがあるそうで、そこからこの名前がついたそうです。(大司教=archbishop)

Arch for Arch (憲法前文)

14本の木製のアーチは南アフリカ共和国憲法の全14章を表し、地面には憲法の前文が刻まれています。

アダリー通り ガバメント通り

また、ここはガーデンから海に向かうアダリー通りとガーデン内を通るガバメント通りを結ぶ地点です。
オランダ東インド会社が入植して以来、海岸と農場をつなぐ道路として、淡水を海岸まで流すための水路としても使われていたメイン通りです。

◆パブリックガーデン

パブリックガーデン入口

カンパニーズガーデンの中の柵で囲われた部分です。英国様式の庭園として1848年に作り替えられました。

パブリックガーデン 全体図

中央に直線的な通路と庭園内を散策できる曲がりくねった通路があります。

◆灯篭

灯篭

1932年に日本政府から寄贈されたものです。
1900年代の初め、日本から南米に移住する人が多くいましたが、日本人移住者を乗せた船(インド洋を横切り南米に向かった)がこの地に寄港したとき、日本人移住者の数日間の上陸が認められるなど、特別な計らいをしてもらえた感謝のしるしとして寄贈されたものです。
第二次大戦時に撤去されたこともありますが、その後改めてここに設置されました。

◆井戸

井戸 ハンドポンプ

この井戸と隣にあるハンドポンプ(木に埋め込まれたもの)は1842年に作られました。
深さは2.7mあるそうです。
以前は地下水で満たされハンドポンプで水がくみ上げられていたはずですが、今は地下水の水位も下がって枯れてしまっています。
ハンドポンプが木に埋まっていますが、どうやってこのような状態になったのか不思議です。

◆ラザフォードの泉(Rutherfoord Fountain)

ラザフォードの泉

壺とカップを持った女性の像です。
以前はアダリー通りにあったそうですが、交通量の増加で1897年にこちらに移されました。
今は置物のようになっていますが、今も足元の蛇口から水が出ています。
この像は、地元の慈善家ホーソン・ラザフォードの「慈善的な生活」に対して作られたものです。
ラザフォードは5年間、立法協議会のメンバとして務めました。

◆ソーンの泉(Thorne Fountain)

ソーンの泉 1 ソーンの泉 2

当時のケープ市の市長だったウィリアム・ソーン(William Thorne)の寄付で1900年に作られた噴水のある池です。
中央の少年の彫刻はイルカを抱いているとも魚を抱いていると言われていますが、形がよくわかりません。
池には鯉が泳いでいて、日本から贈られたものです。
ケープタウンにも鯉の愛好家がいます。

◆日時計

日時計

パブリックガーデンの中央にある日時計です。
最近誰かがノーモン(Gnomon:影を作る部分)を取ってしまったみたいです。
日時計には1781という数字が書かれていますが、ここに置かれたのは1848年だそうです。

◆鳥小屋

鳥小屋

以前はいろいろな種類の鳥を飼っていたようですが、写真を撮ったときは閉鎖されていました。
小屋の中の植物が伸び放題になっています。

◆スレーブベル(Slave Bell)

スレーブベル

この鐘はカンパニーズガーデンが農場として使われていたころ、ここで働いていた奴隷への合図に使われていました。
その後、農場から庭園へと用途が変わり、庭園の閉園時間を知らせるために使われるようになりました。
現在は使われていません。


スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

カンパニーズガーデン | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する