fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
喜望峰自然保護区(Cape of Good Hope Nature Reserve)⑥
<自然保護区での楽しみ方 ②>

◆動物

自然保護区の中で、いろいろな野生動物を見ることができます。

喜望峰自然保護区のダチョウ

ダチョウは運が悪くなければたいてい見ることができます。
喜望峰に向かう道路周辺でよく見かけます。
人を怖がらないので道路を歩いていることもあります。

余談ですが、喜望峰自然保護区の入り口の反対側にダチョウ農場(Cape Point Ostrich Farm)もあります。
こちらではダチョウの卵の殻を使った置物(ランプ)や、ダチョウ皮(オーストリッチ)の鞄なども売られています。
ダチョウの足の皮(ヘビ皮のような模様をしている)を使った珍しい鞄もあります。
時々こちらで購入して帰る方もいらっしゃるので、もしお時間があれば、ダチョウ農場にも立ち寄ってはいかがですか。

ケープポイントのバブーン

これは「チャクマバブーン」(Chacma Baboon)といい、こちらでは単純に「バブーン」と呼んでいます。
観光客の食べ物を狙ってケープポイント周辺にいつもいます。

バブーン注意書き 01 バブーン注意書き 02

食べ物を奪うために人を襲うこともあるため、いたるところに注意喚起する看板もあります。
バブーンの前で食べ物を見せることはもちろん、鞄を地面に置いたり、口を開けっ放しにしている、鞄に手を入れてゴソゴソと物を探すといったことはしないでください。
目の前で鞄を取られた人を見たことがありますが、ほんの一瞬の出来事でした。

喜望峰自然保護区のダシー

これは「ロックハイラックス」(Rock Hyrax)。こちらでは「ダシー」(Dassie)と呼ばれています。
冬場や朝方の寒い時間に日に当たるために岩の上でじっとしているダシーをよく見かけます。
見た目は耳の短いウサギで、とてもおとなしく、人が近くにいても逃げないことも多いです。
しかし、食べ物を与えたり触ったりはしないでください。

喜望峰自然保護区 カメ注意の道路標識

自然保護区の中を車で回るのであまり見かけませんが、陸ガメもいます。道路標識もあるように、道路を横断することもあるので、車を運転するときは脇見しないで道路上に注意して走ってください。見つけたら、カメが渡りきるまで止まって待ってあげてください。

ルーイクランス クジラ 案内板 ルーイクランス 案内板

年中いるわけではありませんが、近年頻繁に半島近辺にもクジラがやってくることが多くなりました。
保護区の中では、ルーイクランス(Rooikrans)というところがクジラを見るのにお勧めだと言われています。(フォルス湾を見渡すことができます)
こちらでよく見かけるクジラは「ミナミセミクジラ」(Southern Right Whale)です。

ルーイクランスやケープポイントはフォルス湾を見渡せるところですが、私はまだここからクジラを見つけたことはありません。(クジラは6月から10月くらいに南アフリカ沿岸にやってきます)
皆さんぜひ、こちらからクジラを見つけてください。

喜望峰自然保護区のエランド

これは「エランド」(Common Eland)といいます。
時々ケープポイントで見ますが、ブッシュの陰にいたり、いること自体知らない人が多いので、すぐ近くにいても気づかない人がほとんどです。

喜望峰自然保護区のボンテボック

これは「ボンテボック」(Bontebok)といいます。
過去に乱獲されて絶滅寸前まで数を減らしましたが、今は保護されて少しづつ増えている動物です。
私は自然保護区内でも見つけたことがあります。
通常の観光ルートから離れたところだったので、時間を取れる方は、探して回られてみてはいかがでしょうか。



※ 野生動物に対して、写真を撮ることは大いに結構ですが、触ったり食べ物を与えるようなことはしないでください。(3m以内には近づかないようにと言われています)
場合によっては襲われたり噛みつかれて怪我をすることもあります。
野生動物の中には、狂犬病などの危険な病原菌を持っているものもいて、触ったり怪我をすることで病原菌が感染する危険性があることをよく理解してください。
 
 
スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

喜望峰自然保護区 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する