fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
喜望峰自然保護区(Cape of Good Hope Nature Reserve)③
◆ケープポイント(Cape Point) ②

ケープポイント 古い灯台

ケープタウン一帯で強い南風が吹いていたり、半島周辺に岩場が多いこともあって、半島周辺で頻繁に船が難破しました。
海難事故を防ぐために1860年に見晴らしのいい山頂に灯台(上の写真)が作られました。

しかし、灯台が建てられた場所が問題で、標高(海抜238m)が高いために、霧が発生すると灯台の光が海上まで届かず、灯台としての役割を果たせませんでした。

ケープポイント 2つの灯台

古い灯台の問題を解決するため、1919年、標高の低い半島の先端(海抜87m)に新しい灯台が建設されました。
山頂の大きな灯台が古い灯台(展望台)、左の小さい灯台が現在も稼働している新しい灯台です。

ケープポイント 新しい灯台

新しい灯台までの歩道はありますが、途中までしか行けません。

ケープポイント 距離表示板

展望台にある、世界の街までの距離と方向を示す看板です。ここからヨーロッパやオーストラリアに行くより、ブラジルに行くほうが近いんですね。
以前は街の看板がもっとたくさんありましたが、知らない間に数が減ってしまいました。


フォルス湾とハングクリップ 地図 半島 フォルス湾 ハングクリップ
(地図引用 ※03)

元々は、フォルスベイ(False Bay)の東の入り口にある岬(現在はハングクリップ:Hangklipという地区)を、大航海時代のポルトガル人が「Cabo Falso」(偽りの岬)と呼んでいたことから、この湾にも「偽りの湾=False Bay」という名前が付きました。

アジアからヨーロッパに戻る帆船が東から陸地づたいに航行して喜望峰に近づいたとき、現在のハングクリップ(Hangklip)を喜望峰(ケープ半島の先端)と間違えて北に進路を変えてしまったことが由来です。

ハングクリップ(Hangklip)から北に進路を変えて進むと目の前に砂浜が現れ、間違って湾の中に入ってしまったことがわかるのですが、一旦湾に入ってしまうと湾から脱出するのに数日要したこともあったようです。

ケープタウン周辺では南からの強い風がよく吹きますが、当時は帆船なので湾から脱出するのに風上に向かって進まないといけないため、湾から脱出したくてもなかなかできませんでした。

ケープ半島の先端

この半島の先端が大西洋とインド洋の境界だと言われたり、この半島がアフリカ大陸の最南端と思われていた方もいらっしゃいました。

歴史的な場所でもあるのでそう思いたい気持ちもありますが、地理学的には、アフリカ大陸最南端のアグラス岬(Cape Agulhas)を境に大西洋とインド洋は区切られています。(もっと正確に言うと、アグラス岬近くの東経20度の経線)

地図 半島とアグラス岬の位置
(引用 ※04)

ちなみにアグラス岬は、ここから南東に150km離れたところにあります。

また、アフリカ南端では南西(南極)からベンゲラ(Benguela)海流という寒流が北上しているのと、インド洋からアフリカ大陸に沿ってアグラス(Agulhas)海流という暖流が南下して2つの海流が混ざります。
季節によって混ざり合う場所が移動しますが、ケープ半島あたりまで移動してくることもあるので、そういう観点でこの展望台から海を眺めてみるのも面白いです。



引用元:
※03 Bing Map
※04 Bing Map
 
 
スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

喜望峰自然保護区 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する