fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
喜望峰自然保護区(Cape of Good Hope Nature Reserve)①
喜望峰自然保護区 入口ゲート 喜望峰自然保護区 風景 01
 
喜望峰自然保護区 風景 02 喜望峰自然保護区 風景 03

ケープ半島は昔、先住民であるKhoi-San人も住み着いていましたが、海が荒れていることと、船が接岸できる適切な場所がないため、喜望峰発見後もヨーロッパ人はなかなか半島に近づけませんでした。
オランダ東インド会社が入植してからは、入植した人たちもこの地を訪れるようになり、人の多い町より孤独を好むような人たちが一部住み始めました。

1890年にサイモンズタウン(Simon’s Town)まで鉄道が伸びたことによって、ケープタウンからアクセスがしやすくなったことと、イギリスがケープタウンを占領した後、農場として貸し出され、また貸し出された農地が永久的に使用できるような条項があったことで、農場経営を始める人が増えました。

ただ、土地がやせていたことと、ケープタウンまでの距離があったため、野菜などの栽培ではなく、ダチョウ農場や訪問者に対するサービス業が主だったようです。
1900年代に入って、自動車道路も整備されていったことで、訪問する人も増え、農場主は訪問者に対するレクリエーションで生計を立てるようになりました。

それに伴って不動産開発も進み、手つかずの自然が脅かされる懸念が広がり、その懸念に対して保護を求める団体が設立されました。
団体は農場主からの土地の寄付や農場の買い占めによって、現在の喜望峰自然保護区(Cape of Good Hope Nature Reserve)を設立し、自然破壊から守られるようになりました。

この保護区は、1998年にケープ半島国立公園として指定され、2004年にテーブルマウンテン国立公園(Table Mountain National Park)という名前に変わりました。(テーブルマウンテン国立公園は、テーブルマウンテンも含めた範囲を占めています)

場所 喜望峰自然保護区
(引用 ※01)

市内中心から喜望峰自然保護区(Cape of Good Hope Nature Reserve)まで車で行くには、片道2時間ほどかかります。
ケープポイントと喜望峰だけであれば半日で往復することもできますが、ペンギン保護区のあるボウルダーズ(Boulders)も含めて、一日かけてケープ半島を観光するのが一般的です。


◆レンタカーを使って行かれる方へ
観光バスの団体客はこちらに到着するのがお昼過ぎくらいが多いので、レンタカー等を使って個人で行かれる方は、お昼前に自然保護区を見て回れるくらいのスケジュールで行かれると混雑に巻き込まれないで観光できると思います。


********************
◆喜望峰自然保護区 基本情報(2019年11月現在)

●開場日: 年中無休
●入場時間: 7:00-17:00(4月~9月) 6:00-18:00(10月~3月)
※ 閉門時間は正確には日没までです。入口ゲートにその日の閉門時間が表示されているので、その時間までに確実にゲートを出られるよう戻ってください。遅れた場合、罰金(500ランド)があります。
●入場料: 320ランド(大人) 160ランド(12歳以下)
※ 入場料は自然保護区を入った料金所で支払います。
※ クレジットカード(MasterかVISA)も使用できますが、カード読み取り機の電波が入りにくく、時間がかかることがあります。(そのために渋滞がよく起きます) 可能であれば、現金を用意しておくと、早めにゲートを通過できることもあります。(前売り券はありません)
●トイレ: ケープポイント駐車場の下、ケーブルカーの山頂駅、レストラン、Buffelsfonteinビジターセンターを利用してください。(他にもありますが、綺麗じゃありません)
●郵便ポスト: フードショップ横にあります。
●土産物店: ケープポイント駐車場とケーブルカー山頂駅の2か所にあります。
●Webサイト: https://capepoint.co.za/
********************
 
地図 喜望峰自然保護区 l
(引用 ※02)
 
 
 
引用元:
※01 Bing Map
※02 喜望峰自然保護区パンフレット
 
 
 
スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

喜望峰自然保護区 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する