fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
Castle of Good Hope ⑦
<キャッスルの見どころ>

◆ドルフィンプール

ドルフィンプール

奥庭にはプールがあり、中央にあるイルカの噴水にちなんでドルフィンプールと呼ばれています。
キャッスルができた当初は円形のプールでしたが、次の総督(Willem Adriaan van del Stel)の時代に奥庭に建物(製パン所)を建てて隔離し、現在のようなプールが作られました。
のちにプールは解体されてしまいましたが、プールをスケッチした絵などをもとに1980年代に再現されました。

ドルフィン

何度見ても私には日本のお城にあるシャチホコにしか見えませんが...


◆日時計

日時計(午前用) 日時計(午後用)

キャッスルの前庭には2つの日時計があります。1つは午前の時刻を、もう一つは午後の時刻を見るために使われました。
現在の時刻と比較すると結構ずれていますが、現在の時刻はグリニッジを基準とした標準時刻なので、ずれていても当然なのでしょうね。


その他、牢屋(カッツェネレンボーゲン稜堡の上)や拷問部屋(ナッソー稜堡の下)もありました。
それらは現在も保存されていて、当時の様子を見ることができます。
牢屋の扉にいろいろな落書きがされていたり、拷問の道具が展示されていますが、暗いのと当時の人たちの怨念のようなものを感じて、あまり雰囲気のいいところではありません。


◆キャノンファイヤリング(Cannon Firing)

キャノンファイヤリング 01 キャノンファイヤリング 02
 
キャノンファイヤリング 03 キャノンファイヤリング 04

港に船が入ってきたことを知らせるために発射されていた大砲で、大砲の火薬の詰め方や道具の説明をしながら大砲を打ってくれるイベントをやっています。(希望者に火薬の点火をさせてくれます)
(月―土 時間:10:00 11:00 12:00)


◆キーセレモニー(Key Ceremony)

キーセレモニー 01 キーセレモニー 02

キーセレモニー 03 キーセレモニー 04

キャッスルの出入口は、夜間閉じられ朝になると開錠されていましたが、その開錠の儀式を再現したイベントを行っています。
(月―金 時間:10:00 12:00)


◆ガイド付きのツアー(英語)
キャッスル専門のガイドが城内を案内してくれます。
(毎日 時間:11:00 12:00 14:00 15:00 16:00)


スポンサーサイト





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

キャッスル | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する