fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
カーステンボッシュ植物園 2023年9月 ②
今回はカーステンボッシュ植物園にやってくる鳥たちを紹介します。
ピンクッションやエリカ属の花、ジャイアントハニーフラワー、極楽鳥花で蜜を吸う小鳥たちが見られます。

Cape White-eye と Southern Double-collared Sunbird 2023年9月 Cape Canary 2023年9月

まずは、ジャイアントハニーフラワーに蜜を吸いにやってきた鳥たち。
1枚目はケープメジロ(Cape White-eye)とミナミダブルカラードサンバード(Southern Double-collared Sunbird)、2枚目はケープカナリア(Cape Canary)です。
今回写真が撮れませんでしたが、胸がオレンジ色をしたオレンジブレステッドサンバード(Orange-breasted Sunbird)もいました。
ケープメジロは私の家の隣の木でもよく見かけます。

Southern Double-collared Sunbird 2023年9月

こちらは木の枝に止まってさえずるミナミダブルカラードサンバード。
首から上の玉虫色の羽根が日光に照らされてキラキラと反射するのと、胸元の赤と青の帯が特徴です。(肩には黄色の羽根も持っています)
綺麗な色をしていますよね。

Cape Sugarbird 2023年9月

こちらは尾羽が長いケープシュガーバード(Cape Sugarbird)。
サンバードと姿が似ていますが、少し体が大きいのと、長い尾羽が特徴です。
飛んでいるとき、帯か紐がひらひら飛んでいるように見えます。

Cape Robin-Chat 2023年9月 Karoo Prinia 2023年9月

こちらはケープロビンチャット(Cape Robin-Chat)というヒタキの仲間と、カループリニア(Karoo Prinia)というセッカという仲間の鳥。
どちらもすばしっこくて撮るのに苦労しました。

Cape Bulbul KB 2023年9月

こちらはウエストコースト国立公園でも見かけたケープブルブル(Cape Bulbul)。
ペアで仲睦まじく毛づくろいをしていました。

Spotted Eagle-Owl 2023年9月

また、マダラワシミミズク(Spotted Eagle-Owl)が木の根元で抱卵していました。
植物園が柵を設けて人が近づかないようにしていました。

Cape Spurfowl KB 2023年9月 Egyptian Goose 2023年9月

こちらはケープスパーフォウル(Cape Spurfowl)とエジプトガン(Egyptian Goose)。
花の蜜を吸いにやってきたわけではありませんが、いつも植物園にいる鳥たちです。

植物園に行った際には、花だけでなく、鳥たちも見つけてみてください。




にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

南アフリカの自然 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)