fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
ケープ半島 ⑤
◆イギリスの植民地

1802年にイギリスとフランスの間で「アミアンの和約」が締結し、ヨーロッパに平和が訪れたかに見えましたが、実際は和約で取り決めたことが守られなかったために、ケープ植民地がイギリスからフランスの衛星国であったバタヴィア共和国(現在のオランダ)に返還された1803年、また戦争が始まってしまいました。(ナポレオン戦争)

イギリスは再びケープ植民地がフランスに支配され、喜望峰まわりの貿易ルートが脅かされるのではないかと懸念し、1805年7月にケープ植民地に軍隊を派遣しました。

その年の年末から翌年の年明けにかけてイギリス軍の艦隊はテーブル湾(ロベン島周辺)に到着し、現在のメルクボスストラント(Melkbosstrand)の海岸から上陸して、1月8日にブローバーグの戦い(Battle of Blaauwberg)が始まりました。

この戦いもイギリス軍の兵力にはかなわず、バタヴィア共和国側は最終的に1月18日に降伏し、ケープは再度イギリスの支配下に置かれることになりました。

ヨーロッパでは、ナポレオン戦争は1814年と1815年のパリ条約によって終結し、また1814年のロンドン条約によって、ケープ植民地は正式にイギリスのものとなりました。

その後、1910年5月31日に南アフリカ連邦が建国されるまで、ケープはイギリスの植民地として続きました。



◆サイモンズタウン(Simon’s Town) 

1814年に正式にケープはイギリスの植民地となり、それと同時にシモンズ湾はイギリス海軍の南大西洋艦隊の基地として、新しい港の建設が始まりました。

Simon's Townの町と港
※サイモンズタウンの町と港

また、それと同時に港の周辺にも、住宅や商店、病院、教会、学校なども建設され、町には湾の名前からサイモンズタウン(Simon’s Town)という名前が付けられました。(名前が英語読みに変わった)

蒸気船が登場すると、1850年代から港湾施設が拡張され、サイモンズタウンは軍港町として発展していきました。

1880年代終わりに起きた2回のボーア戦争では兵士や物資の輸送を、2つの世界大戦においても連合国側として軍艦などの船の修理をするなど、この基地は大きな役割を果たしました。

※ボーア戦争:イギリスとアフリカーナー(オランダ東インド会社時代にケープに移住し、定住した白人)と間で起きた戦争

ケープがイギリスの植民地から解放され、自治領南アフリカ連邦になったのは1910年ですが、その後も南大西洋の戦略的な要衝としてイギリスの海軍基地として使い続けられ、1957年にようやく南アフリカ連邦に譲渡されました。




にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ケープ半島 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ケープ半島 ④
◆ミューゼンバーグの戦い

1700年代の終わり、ヨーロッパで大きな混乱が始まりました。

1792年、フランス革命に干渉するオーストリアにフランス革命政府が宣戦布告をし、これをきっかけに、ヨーロッパを2分する大きな戦争へと発展しました。

ケープを統治していたオランダ東インド会社の本拠地であったオランダ(当時はネーデルラント連邦共和国)は、1794年の終わり(冬)に河川の凍結を利用され、フランス革命軍に攻め込まれて占領されてしまいました。
(オランダを統治していたオラニエ公ウィレム5世はイギリスに亡命し、オランダはフランスの衛星国としてバタヴィア共和国となった)

フランス革命軍と戦っていたイギリスは、ケープもフランスの支配下に置かれて、自国の喜望峰まわりの貿易ルートが脅かされるのではないかと懸念しました。

イギリスは戦略的・政治的な理由からケープに侵攻することを以前から考えており、ケープの調査を行っていました。
その結果、いくつもの砲台や要塞で守られているテーブル湾から攻め込むより、ホウト湾(Hout Bay)やフォルス湾(False Bay)から上陸し、南から攻め込むほうが有利だと知っていました。

ケープ半島の町とケープタウンの位置
(引用 ※01)

1795年、イギリスは軍艦4隻をケープに送り、フォルス湾から侵攻し始めました。
(その前にホウト湾に攻め込もうとしましたが、すでに湾の入り口にある砲台を強化していたので、ホウト湾からの侵攻は見送られました : ホウトベイ(Hout Bay) ③

貿易船の冬の避難場所として使用していたシモンズ湾には、船を停泊させるために必要な設備や人員が配置されていましたが、ケープタウンからは距離があり、陸路も整備されていなかったため、外敵から攻め込まれた時の防衛力は十分ではありませんでした。

1795年6月、イギリス軍はシモンズ湾で歩兵を上陸させて制圧し、ケープタウンに向けて北に進攻しました。

Muizenbergの戦い 侵攻の様子
(キャッスル 軍事博物館展示物より)

現在のセントジェームズ(St James)とミューゼンバーグ(Muizenberg)の間には、山が海岸まで迫って人が通れる場所が非常に狭くなっている場所:ミューゼンバーグ・パス(Muizenberg Pass)があり、その地形を利用すれば兵力の足りないオランダ東インド会社の兵士たちでもイギリス軍を食い止めることができるであろうと、シモンズ湾にいた兵士や住民たちは小競り合いを繰り返しながらミューゼンバーグまで後退しました。

Muizenberg Passでの戦いの様子
※ Muizenberg Passでの戦いの様子
(Posthuys博物館展示物)

現在のMuizenberg Pass
※ 現在のMuisenberg Pass

しかしイギリス軍は、すでにミューゼンバーグ・パスのことは調査済みで、4隻の軍艦をミューゼンバーグの沖合まで進め、イギリス軍の歩兵を迎え撃とうとしていたオランダ側の防衛陣地に沖合から砲弾の雨を降らしたため、オランダ側はパニックに陥り、ザントフレイ(Zandvlei:現在はSandvlei)という池の後方まで後退しました。(1795年8月)

※この地域には現在Retreat(後退・退却という意味)という地名が付いています。

その後しばらく小競り合いが続きましたが、イギリス軍の援軍が到着してケープタウンまで侵攻され、とうとうオランダ東インド会社は降伏し、ケープ植民地はイギリス軍の手に落ちました。(1795年9月16日)

この戦いがケープ植民地が1度目のイギリス支配下に入った出来事になりました。

※1802年にイギリスとフランスの間で「アミアンの和約」が締結され、翌年ケープ植民地はバタヴィア共和国(現在のオランダ)に返還されました。
(オランダ東インド会社は1799年に解散し消滅したため、会社ではなく国に返還された)



引用元:
※01 OpenStreetMap




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ケープ半島 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)