fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
コンスタンシア(Constantia) ②
◆コンスタンシアの分割
ファンデルステルが1712年に亡くなったとき、彼の4人の息子たちはケープにいませんでした。
2人はケープを追い出されてオランダに、1人はインドネシアのアンボイナで知事を、もう1人は乗っていたバタビア(オランダ東インド会社のアジアの拠点:現在のインドネシア・ジャカルタ)行きの船が行方不明になっていました。

そのためコンスタンシアの土地は息子たちには引き継がれず、3つの土地に分割されてオークション形式で売却されました。

3つに分割された土地は、グルート・コンスタンシア(Groot Constantia)、クレイン・コンスタンシア(Klein Constantia)、ベルフフリット(Bergvliet)という名前で呼ばれ、その後も何人もの人の手に渡り、さらに分割・統合を行いながらコンスタンシアは引き継がれていきました。
(クレイン・コンスタンシアは、のちにデ・フープ・オプ・コンスタンシア(De Hoop op Constantia)という名前に変わり、最終的には現在のグルート・コンスタンシアに吸収されました)

ただし、これらの土地を購入した人たちの中には不動産投資を目的にした人もいて、ファンデルステルが亡くなった後、コンスタンシアのすべての土地でブドウ栽培やワイン醸造が熱心に行われていたわけではなかったようです。


◆コンスタンシア(Constantia)という名前
ファンデルステルがこの土地を与えられたきっかけが、インド評議会委員ライクロフ・ファンゴエンス(Rijckloff van Goens)の提言だったため、彼の娘の名前「コンスタンシア(Constantia)」をこの地の名前にしたと言われています。

他にも、オランダからバタビアを往復する貿易船で、ケープに立ち寄った船の名前の一つ「Constantia号」から取って名付けたとも言われています。

ただし、Constantia号がケープに立ち寄ったのは、1667年12月24日から1668年1月24日までで、ファンデルステルがこの土地を会社から譲り受けた1685年とは20年近くのずれがあるのと、ファンデルステルがケープに来たのも1679年なので、Constantia号がケープに立ち寄ったことは知らなかったはずです。(この時のConstantia号は1665年から1668年までオランダ東インド会社が借りていた船)

後に1782年にもConstantia号という名前の船がオランダ東インド会社によって建造されました。(オランダとバタビアとの間を4回往復し、5回目の航海の途中、1795年にマラッカでイギリス軍に拿捕されました)




にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

コンスタンシア | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コンスタンシア(Constantia) ①
◆コンスタンシア
南アフリカ(特にケープタウン周辺)には多くのワイナリがあり、ワインの生産が行われています。
日本でも南アフリカ産ワインが販売されているお店が増えましたね。

南アフリカ(ケープタウン)に旅行で来られる方の中には、ワイナリ(ワイン)が目的で来られる方もいらっしゃいます。

今回から紹介するコンスタンシア(Constantia)という地区は、南アフリカのワイン生産地の一つで、ケープタウンの中心から20kmほど(車で30分ほど)のところに位置し、主要な観光コースの中に組み込まれています。

また、市内中心とケープ半島との間の道中に位置するので、ケープ半島を観光した帰り道に立ち寄ることも可能です

◆コンスタンシアの始まり
コンスタンシアという地域の始まりは、1685年、当時ケープを統括していた司令官シモン・ファンデルステル(Simon van der Stel)に、この地域一帯の土地がオランダ東インド会社から与えられたのが始まりです。
(与えられたといっても、元々は先住民のコイコイ人が牛を放牧したり、サン人が狩猟していたところで、誰かが所有権を持っていたわけではありませんが)

1679年、オランダ東インド会社のインド評議会委員を務めていたライクロフ・ファンフーンス(Rijckloff van Goens)が病気療養のためにケープを訪れ、その後、彼がオランダ東インド会社の統治機関(17人会)にファンデルステルに土地を与えるよう勧告しました。

それから数年後、ケープやインドなどの植民地において、会社の社員が不正行為を行っていないか調査するよう、17人会から指示を受けたヘンドリック・ファンリーデ(Hendrik Adriaan van Rheede tot Drakenstein)は、1685年にケープを訪問しました。
その際、ファンデルステルに現在のコンスタンシア地域の土地(763ha)を所有することを許可しました。

ファンデルステルは、土地の所有を認められると、ヨーロッパから1万本ものブドウの苗木を持ち込み、コンスタンシアでブドウ栽培を始めました。

●シモン・ファンデルステル(Simon Van der Stel)とは?
シモン・ファンデルステルはオランダ東インド会社のケープ植民地の司令官として1679年10月にケープにやってきました。
ヨーロッパとアジアを結ぶ貿易船に食料を十分供給できるよう、彼は自ら新しい土地を探索・調査し、現在のステレンボッシュ(Stellenbosch)、フランシュフック(Franschhoek)、パール(Paarl)、ウェリントン(Wellington)周辺まで積極的に農場の拡大を行いました。

ファンデルステルは、1691年にケープ植民地の司令官から総督という職名に変わり、1699年まで務めました。
その後、1712年に死去するまでコンスタンシアで過ごしました。




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

コンスタンシア | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)