fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
ウォーターフロント(V&A Waterfront) ②
◆歴史②

テーブル湾で停泊(補給)する船舶の増大と安全確保のため、大きな港(防波堤や港湾施設)を新しく作ることになりました。

テーブル湾の新しい港の建設を始めるにあたり、イギリスのビクトリア女王の次男アルフレッド王子が、1860年9月17日に新しい港の定礎式(建物の土台となる最初の石を置く、建設を開始するための儀式)を行いました。
実際は桟橋の上から海に瓦礫を落としたようですが、その様子を見物しに2万人もの人が集まったそうです。

アルフレッド港の定礎式
(引用 ※02)


アルフレッド王子(1844年生まれ)は1856年に海軍に入隊し、1858年に海軍士官候補生としてユーライラス号(HMS Euryalus)に乗船し、1860年7月、ケープまで来ていました。
アルフレッド王子はその後、1867年からガラティア号(HMS Galatea)で世界一周航海に出た際、ケープに新しく建設された港(アルフレッド港という名前が付けられた港:完成は1870年)に入港しています。

アルフレッド港ができた頃の様子
(Chavonnes Battery Museum展示物)

アルフレッド港ができた頃のテーブル湾
(引用 ※03)

同じ頃、エジプトに地中海と紅海を結ぶスエズ運河が完成(1869年)し、ヨーロッパとアジアを往来する船がスエズ運河を利用するようになりました。
一方、船にも変化が起き、蒸気機関が船の動力に採用されたことや、1800年代後半になって金属製の船体が採用され始めたことで、船が大型化していきました。

※ ロンドンから横浜まで船で航行するとき、スエズ運河を通った場合は20,400km、喜望峰回りで航行した場合は26,900kmあるそうです。

スエズ運河を航行できないサイズに大型化された船は引き続きケープを経由して往来したことと、1867年のキンバリーでのダイヤモンド鉱床の発見、1886年のヨハネスブルクでの金鉱床の発見で多くの船がケープをはじめとする南アフリカの港を利用しました。

RMMV Athlone Castle SS Armadale Castle
(South African Maritime Museum展示物)

それに伴い、アルフレッド港では手狭になり、より大きな港の建設が必要になりました。
アルフレッド港の沖に防波堤を伸ばし、1905年、ビクトリア港(Victoria Basin)が完成しました。

ビクトリア港ができた頃の様子
(South African Maritime Museum展示模型)

第二次世界大戦中(1939年~1945年)にも寄港する船団が多かったことで、テーブル湾を大きく埋め立てて拡張し、1945年にダンカンドック(Duncan Dock)が建設されました。

※ 第二次世界大戦中、地中海ではイタリアやドイツが勢力を伸ばしていたので、連合国はスエズ運河を使わず喜望峰を回ってインド洋に出ていました。

さらに近代になって巨大なコンテナ船が就航するようになったことで、コンテナを積み下ろしできるように、1977年にベン・シューマンドック(Ben Schoeman Dock)が建設され、現在のケープタウン港の全体像が完成しました。

Waterfront地区 Table Mountainより
(Table Mountain山頂から)

もう一方で、1960年代まではアルフレッド港やビクトリア港は漁船などの小型の船も多く利用されていましたが、港が大型化し国際港湾施設として隔離されたため、一般市民が利用できない地域となってしまいました。

1984年に市長から港湾地域の公共利用の提案があったことで、1988年に商業/観光/住宅の開発を目的とした公社が設立され、ビクトリア アンド アルフレッド ウォーターフロント(Victoria & Alfred Waterfront:Capetonianは単にWaterfrontと呼んでいます)の開発が始まりました。

それ以降、いくつかの段階に分けられ、港湾地域の開発が進められてきました。
多くの観光客がショッピングや食事に行くビクトリアワーフショッピングセンタも、1996年から1997年にかけて建設されました。

港湾地域は現在も新たな開発が進められています。

テーブル湾の開発の変遷
(ウォータフロント内の展示物)

再開発地区
(再開発地区)



引用元:
※02 Cape Town Book(Struik Travel & Heritage) 第1版
※03 Cape Town International Convention Center : Historical Background Report




にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

V&Aウォーターフロント | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウォーターフロント(V&A Waterfront) ①
◆歴史①

オランダ東インド会社が、所有する貿易船の補給基地をケープに作るため、Jan Van Riebeeck一行がテーブル湾に到着したのが1652年。
現在のキャッスル(Castle of Good Hope)が完成したのは1679年のことでした。

オランダ東インド会社のころのテーブル湾 1705年
(Chavonnes Battery Museum展示物)

それ以来、船への荷物の積み下ろしは、キャッスルの近くに作った小さな木製の桟橋(Van Riebeeck's Jetty)を使っていました。
※ その当時の貿易船は帆船で、沖に船を係留し、小型のボートに荷物を乗せ換えてボートで陸揚げしていました。

荷物の積み替え John Thomas Bains作 1847年
(John Thomas Baines作 1849年 William Fehr Collection)

イギリス占領後の1800年代に入ると輸送量の増加により、ケープに立ち寄る輸送船が増えました。
1842年に現在のBree Streetの先(Van Riebeeck's Jettyの西側)に北ふ頭(North Wharf)が追加されました。
また、産業革命で発明された蒸気機関が船の動力として採用され始めたのも1800年代に入ってからでした。
※ 蒸気機関が採用された当時は、まだ十分な性能を持っていなかったため、帆(風)と蒸気機関の両方を持った船でした。

SS Grantully Castle
(SS Grantully Castle _ South African Maritime Museum展示物)

帆船と蒸気船 John Thomas Bains作 1847年
テーブル湾に停泊している船の中に、マストと煙突が立っている船(外輪船)が描かれています。
(John Thomas Baines作 1847年 William Fehr Collection)


1850年には北ふ頭(North Wharf)の西側に、蒸気船に石炭を供給するためのふ頭もできました。

こうしてケープはヨーロッパとアジアを結ぶ中継基地として発展していきました。

1800年代のテーブル湾の様子
テーブル湾に停泊するたくさんの船
(Battery Park展示物)

一方、テーブル湾は北側に開いた湾ですが、冬の時期(6月から8月)は北からの強風(嵐)が吹くことがあり、テーブル湾に停泊している船が流され、海岸に打ち上げられることがしばしばありました。

荒れた海 Samuel Walters作 1840年
(Samuel Walters作 1840年 William Fehr Collection)

強風で打ち上げられた船 1800年代後半
テーブル湾のWoodstockビーチに座礁した船。年代は不明。
(引用 ※01)

それを避けるために、ケープ半島のサイモンズタウン(Simon's Town)というところが冬場の避難港として使われていましたが、ケープの街からは距離があり、突然の嵐などでは避難が間に合わないこともありました。
1858年6月に起きた嵐では、テーブル湾に停泊していた30隻以上の船が破壊され、それ以来、海事保険会社のロイズ(Lloyd's of London)は冬の時期にテーブル湾に停泊する船には保険を適用しないことにしてしまいました。

それが1860年に始まったテーブル湾に新しい港の建設を始める理由の1つとなりました。



引用元:
アイキャッチ Google map
※01 Cape Town Book(Struik Travel & Heritage) 第1版




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

V&Aウォーターフロント | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボ・カープ(Bo-Kaap)地区 ⑤
<見どころ ②>

Bo-Kaap地区 詳細地図
(引用 ※05)

◆写真撮影場所

撮影ポイント 1 _ Bo-Kaap 撮影ポイント 2 _ Bo-Kaap
撮影ポイント①/②
撮影ポイント 3 _ Bo-Kaap 撮影ポイント 4 _ Bo-Kaap
撮影ポイント③/④
(番号は地図上の撮影ポイントの番号です)



わざわざこの地区でショッピングや食事をする必要もないでしょうが、興味ある方は立ち寄ってみてください。
周りへの注意は忘れないでくださいね。

◆ショッピング

●アトラス トレーディング カンパニー(Atlas Trading Company)

Atlas Trading Company _Bo-Kaap

いろいろな種類のスパイスが売られているお店です。
種類ごとに小分けしたスパイスやこの店で調合されたスパイス(マサラ)もあります。

どちらかというとインド/アジア的な香りのするところですが、ケープタウンの食文化に影響を与えたスパイスを見てみるのも面白いです。

営業日:月曜日~土曜日(日休)
営業時間:8:15~17:15(月~木)8:15~12:00 14:00~17:15(金)8:30~13:00(土)

●ローズ コーナー スパレット(Rose Corner Superette)

この店は、ケープタウンのありきたりな食料雑貨店ですが、奴隷として連れてこられたマレー人のお菓子、Koesistersが買えます。

Rose Corner Superette _ Bo-Kaap Koesisters

Koesistersは、あんドーナツから餡子を抜いたようなお菓子です。
一般的なものは写真のような見た目で、小麦粉にシナモン、カルダモン、クミン、ショウガなどのスパイスを混ぜた生地を油で揚げ、煮立ったシロップに付け込んだ後、ココナツパウダーをまぶします。


また、koesistersと似た名前のKoeksistersというお菓子も南アフリカにはあります。

Koeksisters

Koeksistersは、アフリカーナー(オランダ東インド会社時代に移住してきた白人)のお菓子で、一般的なものは写真のようにねじれた形をしています。
小麦粉の生地を油で揚げた後、シロップに付け込みます。
これを食べると、日本のかりんとうを思い出します。

Koesisters看板

お店の壁にはなぜかKoeksistersと書かれています。(お店で売られているのはKoesistersですが)

営業日:月曜日~日曜日
営業時間:7:00~23:00


◆レストラン

●ビーズミーラー レストラン(Biesmiellah Retaurant)

Biesmiellah _Bo-Kaap

マレー料理(ハラール)の食べられるレストランです。

ケープの食文化に大きな影響を与えたマレー人(奴隷として連れてこられた人たち)の料理が食べられます。
マレーシアの料理も甘いって聞いたことがありますが、この店もお米も含めて全体的に甘めの味付けがされています。

営業日:月曜日~土曜日(日休)
営業時間:12:00~22:00(月~木、土)13:30~22:00(金)

●ボ・カープ コンブイス(Bo Kaap Kombuis)

Bo Kaap Kombuis _Bo-Kaap

丘の斜面を上がったところにある見晴らしのいいお店です。

Bo Kaap Kombuisからの眺め _ Bo-Kaap

お店の中から遮るものなくTable Mountainを見渡せます。
お店に行く場合は、昼の時間に車で行ってください。(危ないので)

Tasting Platter 3 _ Bo Kaap Kombuis

こちらのセットメニューの一つです。(Boboti、Denning Vleis、Butter Chicken Curryのセット)

営業日:火曜日~日曜日(月休)
営業時間:12:00~16:00/18:00~22:00(火~土)12:00~15:00(日)


◆カフェ

●デラックスコーヒーワークス ボ・カープ(Deluxe Coffeeworks Bo-kaap)

Deluxe Coffeeworks _ Bo-Kaap

アトラス トレーディング カンパニー(Atlas Trading Company)の隣の建物にあります。
手前にハーベストカフェ&デリ(Harvest Cafe & Deli)というカフェの入口がありますが、コロナの影響で営業していませんでした。

営業日:月曜日~土曜日(日休)
営業時間:7:00~16:00 (月~金)8:00~13:00(土)

●バタビア(Batavia)

Batavia _Bo-Kaap

こちらでkoesistersが食べられます。
こちらのトイレは、別の建物にあり、あまりきれいではありませんでした。(改装中だったから?)

営業日:火曜日~日曜日
営業時間:8:00~15:00(火~土)9:00~14:00(日)

●アゲインスト ザ グレイン(Against The Grain)

Against The Grain _Bo-Kaap

こちらでもkoesistersが食べられます。
こちらも別の建物のトイレを使っていますが、きれいなトイレです。(オーワルモスクの向かいのURBAN HUBという建物の中です)
トイレを使うときは、受付の人に声をかけてください。

営業日:月曜日~水曜日/金曜日~日曜日(木休)
営業時間:9:00~16:00(月~水/土)9:00~12:30/13:15~16:00(金)9:00~14:00(日)


注:上記営業日と営業時間は、2020年12月現在のものです。


引用元:
※05 Bing Map




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ボ・カープ地区 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)