fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
ボ・カープ(Bo-Kaap)地区 ④
<見どころ ①>

●ボ・カープ博物館(Bo-Kaap Museum)

Bo-Kaap Museum 外観

博物館となっている建物は1760年代に建てられたもので、ケープに入植したオランダ人たちが建てた当時のケープダッチ様式の特徴をそのまま残しています。(ボ・カープ (Bo-Kaap)地区 ①

博物館の展示物だけでなく、建物自体にも注目してください。
この建物は1965年に国の史跡として指定されました。

Bo-Kaap Museum 中庭

この博物館では、この地域に住んでいたケープ・マレー(イスラム教徒)の歴史や生活の様子を紹介しています。

展示物 1 _ Bo-Kaap Museum 展示物 2 _ Bo-Kaap Museum

展示物 3 _ Bo-Kaap Museum 展示物 4 _ Bo-Kaap Museum

Community Centre _ Bo-Kaap Museum

●ケープダッチ様式の住宅

ケープに入植したオランダ人が建てた特徴ある住宅の様式です。
街の一般的な住宅と、郊外の農場にある屋敷の間で違いはありますが、主な特徴として以下のようなものがあります。

ケープダッチ様式

・白い壁(ボ・カープではいろいろな色に塗り替えられていますが)

・建物の前のストープ(平らなスペース:日本ではテラスと呼ばれています)。ストープの端に家族や訪問者とくつろげるよう椅子状の段差が作られていることもあります。

・縦長の大きい窓枠と小さなガラス板を格子状に並べた窓。下半分に木製の外開きの雨戸がついていることがあります。ガラスは当時ヨーロッパから持ち込んでいました。

・窓枠やドアなどの細部を緑色にしている。(壁の色同様、ボ・カープでは白色に塗り替えられているところが多いです)

・入口ドアは左右両開きのドアと、上下2つに分割されたドアの2種類があります。ドアの上には明り取りの窓があります。(ボ・カープ博物館は上下に分割されたドアがついています)

ケープダッチ様式 ドア

街の住宅にはありませんが、郊外の屋敷には、入り口の上に大きな切妻屋根があります。

ケープダッチ様式の屋敷 Groot Constantia ケープダッチ様式の入口

・街の住宅の屋根は平らでクジラの油と糖蜜を混ぜたもので防水加工していました。一方、郊外の屋敷は日本のかやぶき屋根のような屋根をしています。

********************
◆ボ・カープ博物館(Bo-Kaap Museum) 基本情報(2020年9月現在)

●閉館日: 日曜日、1月2日、Worker's Day(5月1日)、クリスマス(12月25日)、Eid-ul-Fitr(イスラム教ラマダン明けの祝日)、 Eid-ul-Adha(イスラム教犠牲祭)
●開館時間: 9:00-16:00
●入館料: 20ランド(大人)、10ランド(17~6歳)、5ランド(5歳以下)
●トイレ: 館内にあります。
●Webサイト: http://www.iziko.org.za/museums/bo-kaap-museum
********************




にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ボ・カープ地区 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボ・カープ(Bo-Kaap)地区 ③
<ボ・カープ 基本情報>

◆安全

ボ・カープ周辺はホームレスが多いのと、犯罪(強盗)の多い地域です。
過去に日本人が拳銃を持った強盗に遭遇してカバンを取られた事件がありました。
私もこの周辺で人に絡まれ嫌な思いをしたことが何度もあります。

歩いて家並みを見る際は、周りに十分注意してください。
特に日没後に歩くことはやめてください。

車の往来も多いので、家並みの写真を撮るとき、車にも気を付けてください。
ここは観光ガイドと一緒に行かれたほうがいいです。

また、イスラム教の行事がある日は、人がたくさん集まり混雑することもあるので、事前に確認されたほうがいいです。

◆行き方

●タクシー(ドライバ付き車両)

カンパニーズガーデンの回にも書きましたが、市内中心のホテルからでしたら、タクシーかドライバ付きの車両をチャーターして行くのがいいです。
できればドライバ付きの車両を一日頼んで、他の観光地含めて市内観光されてはいかがでしょうか。

●車(レンタカー)

ボ・カープ地域は、居住者や近隣店舗の車がたくさん路上駐車していて、いつも駐車できる空きスペースがありません。
また、この辺りは駐車していいスペースがはっきり表示されていないので、慣れないとどこに駐車していいかもわかりません。

できれば、市内を観光するときは、車(レンタカー)で回るのは避けたほうがいいです。
駐車を誘導してくれる人(チップを要求する)もいますが、本来駐車禁止の場所にも誘導することがあるので、駐車していいところかよく見て駐車してください。

●Mycitiバス

この地域には、Mycitiバスは通っていません。
最寄りの停留所はLoop Streetの Leeuwen 1 か Church 1 という停留所ですが、停留所から歩いて5,6分かかります。

停留所との間でも、人が近づいてきて絡まれることが多いです。
Mycitiバスを利用してボ・カープに行くことはできれば避けたほうがいいです。

Bo-Kaap周辺地図
(引用 ※01)


引用元:
アイキャッチ google map
※01 Bing Map




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ボ・カープ地区 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)