fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
テーブルマウンテン(Table Mountain) ⑧
◆見どころ

●撮影スポット(街の風景)

山頂からの風景(街の中心)

山頂からの街の中心(北方向)の眺めです。

山頂からの風景(Waterfront)

港にあるウォーターフロント(商業施設)が見えます。
レストランや土産物屋などがたくさんあり、観光客でいつも賑わっています。

この日は大型のクルーズ船も停泊していました。(MSC OrchestraとAzamara Quest)

山頂からの風景(Lion's HeadとSignal Hill)

テーブルマウンテンの西側にあるライオンズヘッドとシグナルヒルです。
エジプトのスフィンクスのような形をしています。
ライオンズヘッドの標高は669m、シグナルヒルの標高は352mです。

シグナルヒルへは車で行けます。テーブルマウンテンに登頂できないときは、シグナルヒルから街を眺めてみてください。

山頂からの風景(Devil's Peak)

テーブルマウンテンの東にある山で、デビルズピーク(Devil’s Peak)と呼ばれています。
標高は1,001mで、テーブルマウンテンとほぼ同じ高さです。



山頂の案内地図
(引用 ※01)

山頂の西側、Western tableと言われる部分の案内図です。

テーブル状の山頂は、西側(Western Table:ケーブルウェイの山頂駅がある部分)、中央(Central Table:Maclare's Beaconがある部分)、東側(Eastern Table:少し標高が低い部分)の3つに分かれていて、観光で登頂される方は通常、西側のWestern tableという部分を歩いて回ります。

山頂西側(Western Table)の遊歩道は整備されているので、安全に歩くことができます。
山頂駅に近いDassie WalkというエリアとAgama Walkというエリアは、車いすでも回れるほど平らに整備されています。

山頂の歩道(Dassie Walk Agama Walk)

Klipspringer Walkというエリアにも遊歩道はありますが、岩と見分けがつきにくいので、道を見失わないことと、崖に柵やロープが張られていないので、崖に近づくと転落する可能性があります。

Dassie WalkとAgama Walkからでも十分景色を楽しめます。
また、柵の外に出たりや岩の上に登るなど、危険なことは決してしないようにしましょう。

山頂の展望台

Dassie WalkやAgama Walkのエリアには安全に風景を見られる展望台があります。
写真手前の女性のように、危険な場所(許可されていない場所)には入らないでください。


傾斜のある山道(Platteklip Gorge手前)

Western TableからCentral Table(Maclear’s Beaconのある部分)に行くときは、岩を下るところがあるので、転倒しないよう気を付けてください。
また、怪我をしないよう、登山に適した靴を履き、飲料水は多めに持って行ってください。


◆動物

●ダシー(Dassie)

山頂のDassie

ケープ半島でもよく見るダシーを山頂で見かけます。
暑い日は日陰に隠れて姿を見せませんが、寒い日の朝など、陽に当たるために岩の上でじっとしていることが多いです。

●トカゲ

Southern Rock Agama Black Girdled Lizard

これらのトカゲも、陽に当たるため、岩の上によくいます。
爬虫類なので、見たくもないと言う方も多いと思いますが、これらもこの地の固有種なので、見つけたら遠めで結構ですので、観察してみてください。


◆植物

●ケープフローラル 

世界の6つの植物相

植物園の春 ②でも説明しましたが、ケープタウン(西ケープ州)の植物はケープ植物区系区という植物相にあり、フィンボス(Fynbos)と呼ばれている植物が多く見られます。

Erica Restio

山頂では、小さなかわいい花がたくさん咲くエリカ属と、緑色の針山のようなレスティオ属が多く自生しています。
レスティオは、日本の茅(かや)のように家の屋根材として使われていたこともありました。

Orange-breasted Sunbird メス

エリカの花にはよくタイヨウチョウが蜜を吸いにやってきます。
すばしっこいのでわかりづらいですが、注意して見ていると、あちこちでタイヨウチョウが飛んでいますよ。(ハチドリのような形をした鳥です)

街の風景だけでなく、ここにいる動植物たちも観察してみてください。

引用元:
※01 Table Mountain Information Guide




にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

テーブルマウンテン | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
テーブルマウンテン(Table Mountain) ⑦
◆テーブルマウンテン基本情報(2020年3月現在)

●営業日:毎日

※ 2020年は7月7日から7月26日まで、定期メンテナンスのためケーブルウェー(ロープウェー)は運休します。

●営業時間:

ケーブルウェイ営業時間

ケーブルウェイ(ロープウェイ)は風でゴンドラが揺らされるため、天気の良い日でも風が強いと運休していることがあります。
また、地上の風の状態と山頂の風の状態が違うため、天気予報だけでは運行状況は予想できません。

実際に運行しているかを下記webサイトで確認して行ってください。(タイムラグがありますが)

Table Mountain Aerial Cableway webサイト: https://www.tablemountain.net/

ケーブルウェイの運行状況だけでなく、ゴンドラ搭乗までのおおよその待ち時間も出ていますので、参考にしてください。

もし、テーブルマウンテンに登れない場合(混雑している場合)は、シグナルヒルからも市内を眺められますので、シグナルヒルから景色を楽しんでください。

できれば滞在期間(観光スケジュール)に余裕を持たせて、ケーブルウェイ(ロープウェイ)の運行状況を見ながら観光スケジュールを調整し、登頂してみてください。

●ケーブルウェイチケット料金

・往復券(運転開始時間から有効): 大人 360ランド / 4~17歳 180ランド
・午後往復券(13時以降のみ有効): 大人 300ランド / 4~17歳 150ランド
・片道: 大人 200ランド / 4~17歳 100ランド

チケットは、購入日から7日間有効です。ただし、13時以降のみ有効の午後往復券では、翌日以降でも午後しか使えませんので注意してください。

●チケット購入方法

ケーブルウェイ麓駅

チケットカウンタ

対面による販売窓口と、自動販売機(Self-Service Ticket Kiosk)があります。

順番待ちをする場所

窓口で購入する際、混雑していたら、道路の反対側の行列(写真の赤色側の列)に並び、スタッフの指示に従って窓口に向かい、購入してください。

チケット自動販売機

自動販売機で購入する場合は、ビジターセンタ(Visitor Centre)隣の自動販売機(Self-Service Ticket Kiosk)で購入してください。

ケーブルウェイ山頂駅まで歩いて登ったり、山頂でチケットをなくした場合、山頂駅でも片道チケットが購入できます。
登りゴンドラを降りてすぐの通路に自動販売機が置いてあります。

対面窓口も自動販売機も現金とクレジットカードが使えますが、使えるクレジットカードはMaster/VISAのみで、American Expressは使えません。

オンラインチケット

テーブルマウンテンのwebサイト(下記)からインターネット上でチケットが購入できます。
下記webサイトの「Buy ticket」というボタンで「web tickets」というチケット販売のサイトに飛びます。

そのサイトで予定日を指定してチケットを購入できます。(Master/VISA/American Express/Diners利用可)

購入後、チケットを印刷して持っていくか、PDFをスマホに入れて持って行ってください。(スマホにバーコードを表示させて読み取ってもらう)

テーブルマウンテン webサイト: https://www.tablemountain.net/content/page/rates
web tickets webサイト: https://www.webtickets.co.za/v2/event.aspx?itemid=681080

市内観光案内所

市内にある観光案内所でも購入できます。
案内所で購入する場合、パソコンでweb ticketsサイトを開いて、スタッフがクレジットカード番号を入力するので、少し危ないかもしれません。

住所: The Pinnacle Building, Corner Burg & Castle St, Cape Town City Centre, Cape Town

City Sightseeing Tourバス案内所

City Sightseeing Tourバス(Hop-On Hop-Off バス)を利用する場合、ウォータフロントか市内の案内所(乗り場)で一緒に購入することができます。

City Sightseeing Tourバス webサイト: https://www.citysightseeing.co.za/en/cape-town

●食事/休憩

麓駅には、チケット売り場の横にKiosk(売店)とBeverage Barがあります。
Kioskでは飲み物とサンドイッチやスナックなどの簡単な食べ物しか売っていません。
ほかに古いゴンドラを使ったアイスクリーム屋も2か所あります。

山頂レストラン(table mountain cafe)

山頂には、ランチが食べられるtable mountain cafeとサンドイッチやケーキなどの軽食が取れるWifi Lounge(山頂駅の2階)があります。

table mountain cafeでは、セットメニューのほかにサンドイッチやビールもあります。

山頂レストラン メニュー Chef's Combo Special

Chef's Combo Specialを頼んでみましたが、ケーキがとっても大きかったです。

Wifi Loungeでは無料でWifiに接続できます。(2階に上がらないと電波が拾えません)

●トイレ

麓駅には、Kiosk(売店)の奥にあります。
あと、山頂からゴンドラで降りてきたとき土産物屋を通りますが、そのフロアにもトイレがあります。(建物の外からは土産物屋には入って行けないです)

麓駅からTafelberg Roadを1kmほど登った道路脇と、Tafelberg Road入口(MyCiTiバスの110番乗り場)にも公衆トイレがあります。(昼間しか開いていません)

山頂トイレ

山頂には、table mountain cafeの下(裏)にあります。
あと、山頂駅の中にもあります。

●土産物屋

麓駅には、Kiosk(売店)の横のビジターセンタで土産物を販売しています。
あと、建物内にもありますが、山頂から降りてきた人しか入れない場所です。

山頂レストラン(table mountain cafe)と土産物屋(Shop at the TOP)

山頂には、table mountain cafeの前にShop at the TOPというお店があります。
あと、山頂駅の中にもあります。

●郵便ポスト

麓駅 郵便ポスト 山頂 郵便ポスト

麓駅には、MyCiTiバス停留所の奥に小さなポスト(写真左)があります。
山頂にはtable mountain cafeの前(写真右)にあります。

山頂駅の土産物屋でもポストカードと切手(International Airmail用)が買えます。
(麓駅の土産物屋は未確認)

●気温

山頂は標高1,000mあります。地上と比べて気温が6℃ほど下がります。
真夏でも山頂に行くと肌寒いこともありますし、冬では雪がぱらついたこともありました。

山頂で時間を過ごす場合は、1枚羽織るものを持っていくといいです。

●Table Mountain Aerial Cableway webサイト: https://www.tablemountain.net/




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

テーブルマウンテン | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
テーブルマウンテン(Table Mountain) ⑥
◆テーブルマウンテンへの行き方

●車(レンタカー)

麓駅前のロータリー

車でテーブルマウンテンに行く場合、ケーブルウェイ麓駅までの路上、または駅を通り過ぎた奥の路上に駐車します。

たいてい、すでに駐車している車があるので、おおよそ駐車できるところはわかると思いますが、麓駅周辺は公共交通のための停車/駐車スペースなので、一般車両の駐車はできません。

路上駐車

路上駐車するとき、道路に赤線や黄線が引いているところは避けてください。駐車禁止です。
すでに駐車している乗用車を真似て駐車してください。(誘導してくれるお兄さんがいるはずです)

混んでいると麓駅からかなり離れた場所でないと駐車できませんが、ずるいことを考えないで、適切な場所に駐車してください。

ケーブルウェイ麓駅に向かうTafelberg Roadの入口にある駐車場に車を置いて、MyCiTiバス(麓駅までの無料のシャトルバス)で向かう方法もあります。

どこに駐車するにも、車内には物を置きっぱなしにしないでください。(特に見えるところに)
車上荒らしにやられます。物を取られるだけでなく、ガラスを割られるので、被害が大きいです。


●タクシー/UBER

タクシーやUBERを使って行く観光客もよく見ます。
最近タクシーやUBERでの犯罪をよく聞くので、あまりお勧めしません。


●MyCiTiバス

MyCiTiバスはケープタウン市内の路線バスです。

日本の電車のプリペイドカードと同じで、あらかじめプリペイドカード(Myconnectカード)を購入し、料金をチャージしておいて利用します。
プリペイドカードを購入できるところが限られていますが、比較的安全な乗り物です。

MyCiTiバス webサイト: https://www.myciti.org.za/en/home/

MyCiTiバス Kloof Nek停留所

テーブルマウンテンに行くには、街の中心(Civic Center駅やAdderley駅)から106番バスか107番バスに乗り、Tafelberg Road入口にあるKloof Nek停留所を降ります。

Tafelberg Road入口 MyCiTiバス Lower Tafelberg停留所

Tafelberg Roadに入ると左手に駐車場とMyCiTiバスのLower Tafelberg停留所があります。
そこから110番バス(無料)でUpper Tafelberg停留所(ケーブルウェイ麓駅前)まで行くことができます。
110番バスも1日に数回、街の中心との間を運行します。(詳しくはMycitiバス webページをご覧ください)


●City Sightseeing Tourバス(Hop-On Hop-Offバス)

City Sightseeingバス

ケープタウンの観光地までツアー/巡回するバスです。

City Sightseeing Tourバスは、市内/ウォーターフロントから出発し、定期的(20分毎)に市内を巡回するバスです。

City Sightseeing Tourバス webサイト: https://www.citysightseeing.co.za/en/cape-town

1日乗車券を購入すれば、好きな停留所で何度も乗り降りできます。
ウォーターフロント/市内の案内所で事前にケーブルウェイのチケットも買えます。



滞在期間に余裕のある方は、MyCiTiバスやCity Sightseeing Tourバスを利用されてもいいですが、効率よく観光したい方は、レンタカーやプライベートツアーを利用したほうがいいです。(レンタカーもトラブルや事件が多いので、あまりお勧めしませんが)




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

テーブルマウンテン | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
テーブルマウンテン(Table Mountain) ⑤
◆山頂への行き方 ②

ゴンドラ乗り場へのスロープ

ここは麓駅スロープの下ですが、行列がここまで伸びているとゴンドラに乗るまで30分くらいかかります。

3代目ゴンドラ(現在) ①

3代目のゴンドラが置いてあるところまで行列が伸びていると1時間くらいはかかります。(正確に計測したわけではありませんが)

混雑しているからといって、徒歩で登山/下山するのはやめたほうがいいです。
初心者コースと言われているPlatteklip Gorgeの登山道でさえ、登山用の装備をしていないと結構危険なのと、片道3時間くらいは見ておく必要があります。(いつか登山道についても記事を書きます)

記念撮影

スロープを上がったところでスタッフから記念撮影しようって言われます。
ここで撮った写真は、山頂から麓駅に戻ってくる頃には印刷されて土産物屋の壁に飾られています。

もし自分の写った写真が欲しければ、それを持ってレジでお金を払います。
必要なければ、記念撮影を断れば大丈夫です。

どこの観光地も同じですね。


この場所を過ぎるとエレベータに乗って搭乗フロアに行きます。
そこまで行けば、ゴンドラ搭乗まであと少しです。


◆ゴンドラ

ゴンドラの入口が開くと、景色を見ようと、皆さん海側に立とうとします。
でも、ゴンドラが山頂に着くまでに床が一周するので、中腹あたりでは山を見ながら登ってしまいます。

私はいつも山側に立つようにしています。
登っている最中、山を見下ろす景色が見れるのと、山頂駅に近づくと岩肌を舐めるように登り、まるで自分が崖を登っているように感じるので、私は好きです。

山頂駅周辺

山頂駅周辺の様子。
テーブル状の山頂の一番西にあたります。
奥には土産物屋の屋根が見えます。

山頂駅

山頂駅とゴンドラ乗り場の入口。
ゴンドラ乗り場はEXITと書かれたところから入ります。
この日は山頂でも行列ができていました。

くれぐれもチケットはなくさないようにしてくださいね。
チケットが見つからず、買い直していた人が何人もいました。(山頂駅にもチケットの自動販売機があります)


下りゴンドラに乗って麓駅に着いたら、土産物屋の中を通って建物を出ます。

登りゴンドラの搭乗前に記念撮影した方は、麓駅の土産物屋で写真購入することを忘れないでください。(いらなければ購入しなくても大丈夫です)




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

テーブルマウンテン | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)