fc2ブログ
 
■プロフィール

Yoshi@Cape Town

Author:Yoshi@Cape Town
 
「Capetonianな暮らし」 ブログへようこそ!

南アフリカ共和国ケープタウン市に在住するCapetonian(ケープトニアン)です。観光ガイドもしております。こちらでは「Yoshi」と呼ばれています。1964年生まれ。岐阜県出身。東京にも30年くらい住んでいました。

自然の中で遊ぶことが好きで、日本では乗馬、ボートクルージング、魚釣り、パラグライダー、マイクロライトプレーンなどもしていました。こちらではあちこちにトレッキングルートがあるので、トレッキングも始めたいなと考えています。

皆さんからのご質問、コメント 楽しみにしています。

■リンクのご案内

◆Capetonianな暮らし

Facebookページ

Webページ
webページバナー ケープタウンの観光案内


他にもブログ書いてます。

◆南アフリカのオリーブ


Facebookページ


応援よろしくお願いします。

■カテゴリ
■検索フォーム

■最新コメント

■ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ村 旅行ブログ

■RSSリンク
ウエストコースト国立公園 2023年9月 ②
前回、ウエストコースト国立公園の花を紹介しましたが、今回は公園内で見かけた動物たちを紹介します。
花と違って動物たちは、カメラを向けている間、動いてしまうのと距離があるので、思った写真を撮るためにたくさんシャッターを押してしまいます。
特に鳥たちはじっとしてくれないので、シャッターを切る前に飛んで行ってしまったり、ピントが合わなかったりして難しいです。

Cape Mountain Zebra 2023年9月 花畑の動物たち 2023年9月

花畑のシマウマ(Cape Mountain Zebra)たち。
シマウマはいつも見かける動物ですが、あまりあちこち移動しないようで、毎回同じようなエリア(花畑の中)で見つけることができます。
2つの写真は別の群れで、毎年数が増えているような気がします。
2枚目の写真には何頭のシマウマがいるでしょうか? ダチョウ(Common Ostrich)のペアもいますね。
スプリングボック(Springbok)がシマウマの群れと一緒にいることもありますが、今回は見つけられませんでした。

Bontebok 2023年9月

こちらはBontebok。
ペアで見かけることが多いですが、今回は1頭しか見つかりませんでした。
鼻筋とおしりが白いのが遠くから見てもわかる特徴です。(お腹と足も白いです)

Common Ostrich 2023年9月 Common Ostrichの子供 2023年9月

このダチョウはPostbergに向かう途中の道路にいました。
羽根が灰色っぽいのはメスで、オスは黒色をしています。
近くにオスと子供がいました。

Cape Spurfowl WCNP 2023年9月

こちらはシャコの仲間のCape Spurfowl。
ホロホロ鳥と同じく、ケープタウンの街の近くでもよく見かける鳥で、私がいつもランニングしているビーチにもいます。

Bokmakierie 2023年9月 White-backed Mousebird 2023年9月

Cape Bulbul WCNP 2023年9月 Cape Bunting 2023年9月

その他、Bokmakierie(モズの仲間)やWhite-backed Mousebird(ネズミドリの仲間)、Cape Bulbul(ヒヨドリの仲間)、Cape Bunting(ホオジロの仲間)も写真を撮ることができました。

Spotted Thick-knee 2023年9月

今回初めてSpotted Thick-knee(シギの仲間)という鳥を見つけました。
この写真の中にいるのですが、どこにいるか見つかりますか?

カラフルな花畑もいいですが、野生の動物たちを見つけるのも楽しいです。



にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ウエストコースト国立公園 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウエストコースト国立公園 2023年9月 ①
今月、2年ぶりに花畑を見にウェストコースト国立公園へ行ってきました。
本当は8月中に行きたかったのですが、行ける日の天気が良くなかったりして、結局いつもより遅く行くことになりました。

時期が遅くなったので、いつも鮮やかな色を見せてくれるオレンジ色(Namaqua Marigold)、黄色(Cape Weed)、白色(Rain Daisy)のガザニア系の花が少なくなっていました。
今回多かった花は、紫色(マゼンタ色)のHongerblom(Senecio arenarius)またはWild Cineraria(Senecio elegans)、黄色のCoast Senecio(Senecio littoreus)とGeelganskos(Cotula pruinosa)、薄い黄色のGeelsuring(Oxalis pes-caprae)でした。

花畑01 2023年9月 花畑02 2023年9月

まだガザニアの花は咲いていましたが、いつもと比べると葉っぱの緑色の部分が目立ちます。

花畑03 2023年9月 花畑04 2023年9月

ここはオレンジ色が綺麗なNamaqua Marigoldと白色のRain Daisyが残っていました。
濃い黄色はCoast Senecioで、手前の薄黄色はGeelsuringです。

花畑05 2023年9月 花畑06 2023年9月

このあたりの紫色(マゼンタ色)はHongerblomまたはWild Cinerariaで、薄い黄色はGeelsuring、濃い黄色はGeelganskosの花が咲いていました。

花畑07 2023年9月

大きな花畑を遠くから眺めると、紫色(マゼンタ色)の花が咲いているエリアと黄色の花の咲いているエリアに大まかに分かれていますね。
花畑は、手前にあるようなブッシュ(低木)のない開けた場所に広がっています。
この花畑の横幅はおおよそ500mくらい、奥行きは直線でおおよそ2kmくらいあります。

花畑08 2023年9月

この写真の中のオレンジっぽい黄色の花はSeegousblom(Didelta carnosa var. tomentosa)です。
この花は海岸に近い砂地に群生しています。

花は日が昇って暖かくなると開いてくるのを皆さん知っているようで、午前中はPostbergエリアにあまり車がいませんでしたが、昼くらいから訪れる車が増えました。
花を見に行かれるときは、お昼前後に見て回れるように行くといいです。



にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ウエストコースト国立公園 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウエストコースト国立公園(West Coast National Park) 2021年9月
9月に入ってケープタウンにも春の気配を感じるようになりました。

先月には大きな寒気が2度ほど南アフリカに入り込み、山間部では積雪して大きなニュースになりました。
テーブルマウンテンの頂上にも雪が降って遊歩道がうっすら白くなったようです。

その一方、植物たちはすでに気配を感じ、近所の道路脇や空き地には黄色や白色の花のまだら模様があちこちに現れ始めました。

今年もウエストコースト国立公園(West Coast National Park)に行って花畑を見てきました。

West Coast NP 入口

晴れた平日を狙って行きましたが、他のケープトニアンも同じことを考えていたようで、入り口の料金所で渋滞ができていました。

花畑 2021年9月 01 _ West Coast NP
(黄色、白色、オレンジ色、ピンク色はすべて花です)

花畑のあるPostbergエリアには、綺麗なじゅうたんが広がっていました。

花畑 2021年9月 02 _ West Coast NP 花畑 2021年9月 03 _ West Coast NP

花畑 2021年9月 04 _ West Coast NP 花畑 2021年9月 05 _ West Coast NP

花畑 2021年9月 06 _ West Coast NP

ブッシュ(藪)のない地面には、一面に色とりどりの花が咲いています。
お昼前後を狙って行ったので、花も大きく開いて色鮮やかでした。

花の種類は主に、黄色はCoast Senecio(Senecio littoreus)とCape Weed(Arctotheca calendula)、ピンク色(マゼンタ)はFelicia属 (たぶんKingfisher Daisy:Felicia bergeriana)、白色はRain Daisy(Dimorphotheca pluvialis)、オレンジ色はNamaqua Marigold(Arctotis hirsuta)です。



また、今年も公園内の動物たちに会うことができました。

Cape Mountain Zebra 01 2021年9月

Bontebok & Ostrich 01 2021年9月 Bontebok & Ostrich 02 2021年9月

毎年見かけるシマウマ(Cape Mountain Zebra)、ダチョウ(Common Ostrich)、ボンテボック(Bontebok)は、今年も花畑の中で見ることができました。
スプリングボック(Springbok)は見当たらないなぁと思っていましたが、家に帰って写真を見ていたら写っていました。

Springbok & Cape Mountain Zebra 2021年9月

距離があるのと見つかりにくい色をしているので、目視では気づきませんでした。

彼らはあまり場所を移動しないようで、いつも同じような場所で見かけます。

他にも鳥や虫も見つけました。

Yellow-billed Egret 2021年9月
チュウサギ(中鷺:Yellow-billed Egret)

Common Fiscal 2021年9月
カタシロオナガモズ(Common Fiscal)

Cape Girdled Lizard 2021年9月
ヨロイトカゲ(真っ黒な色をしていないので、たぶんCape Girdled Lizardだと思います)

Common Lesser-Thicktail Scopion 2021年9
サソリ(たぶんCommon Lesser-Thicktail Scopionだと思います)

去年見つけたスティーンボック(Steenbok)は見つかりませんでした。
公園内にはまだほかの種類の動物もいるはずなのですが、花畑のあるエリアでは見かけることがないので、他のエリアにいるのかもしれません。

動物を観察しようとするなら双眼鏡、写真を撮影しようとするなら望遠レンズを持って行ってくださいね。
(動物たちの写真は300mmで撮っていますが、もう少し大きいものが欲しいです)

動物たちは人のいるところには近づいてこないので、スマホで撮影しようとしても黒い点程度にしか写りません。
あと、いつも風が吹いているので、三脚などがあるとぶれないで綺麗な写真が撮影できます。


ウエストコースト国立公園は、サルダーニャ湾という自然の湾にあります。

サルダーニャ湾とウエストコースト国立公園
(引用 ※01)

湾の北側には大きな港があり、南側(湾の奥)にはラグーンが広がっています。

サルダーニャ湾(北側) サルダーニャ湾(ラグーン側)

ちなみにこの湾の名前は、テーブルマウンテンに初めて登頂したヨーロッパ人、アントニオ デ サルダーニャ(Antonio de Saldanha)からつけられました。
テーブルマウンテン(Table Mountain) ② 参照)

この日は午後に30℃以上まで上がった暑い日だったので、公園内のビーチで日光浴や水浴びを楽しんでいる家族連れもいました。

Preekstoelビーチ _ West Coast NP 2021年9月



ウエストコースト国立公園で花畑を見ようとするなら、8月終わりから9月初め頃に来てください。
(花畑のあるPostbergエリアは8月と9月しか入ることができません)

今年も花畑を見ることができてよかったです。
ラグーンに野鳥が多いので、野鳥観察にも行ってみようかと思います。



ウエストコースト国立公園への行き方は、「ウェストコースト国立公園に行くとき」を参照してください。



引用元:
※01 Bing Maps




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ウエストコースト国立公園 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウェストコースト国立公園に行くとき
West Coast National Parkまで花畑を見に行くには、ドライバ付きの車両を利用するか、レンタカーを借りて行くことになります。

ドライバ付きの車両の場合、周りの景色を楽しみながら行けますが、自ら運転して行く場合は脇見せず事故を起こさないよう運転に集中して行ってください。

West Coast National Parkへは距離があるので、丸々一日使うつもりで時間と心にゆとりを持ちながら慌てず行きましょう。

◆旅程

ケープタウンからの経路
(引用 ※01)

West Coast National Parkへは、市内中心からルート27(West Coast Road)を100kmほど北上すると入口ゲート(料金所)に到着します。
花畑のあるPostbergエリアは、入口ゲートから公園内をさらに30kmほど走ります。
途中、お茶/トイレ休憩を含めると、市内から公園入口まで片道1時間半から2時間程度、公園入口からPostberg入口まで30分程度みて予定を立ててください。

ルート27は、郊外に出ると真っすぐな道が続き、いかにも大陸的な雰囲気のする道路です。
真っすぐですが、日本の高速道路のように対向車との間に中央分離帯がないのと、たまに追い越しのため対向車がはみ出してくることもあるので、自ら運転する場合は気を付けて運転してください。スピードも抑えて走りましょう。

スピードを出して追いついてくる車もあるので、見通しのいいところで先に行かせてあげてください。(左のウィンカーを出して路肩に寄り、追い越しできるスペースを作ってあげる)


公園内に入ると制限速度が低かったり、景色や動物を見るために道路上で一時停止している車もいて、運転にはいっそう注意が必要です。ドライバは、周りの景色に見とれず、前方に集中して運転してください。(動物が道路を横切っているのを見つけたら、必ず停止して待ってあげてください)

◆食事(昼食)

花畑を見に行くときの悩みの一つが食事。

公園に入るのに入場料を支払うので何度も出入りしたくないのと、敷地が広く公園内を移動するだけでも時間がかかるので、どこで食事をするか決めてから花畑を見て回る時間を決めています。

午前中にPostbergを見て回って遅めの食事をするか、早めの食事をしたあと午後にPostbergを見て回ることもできますが、私はサンドイッチなどを持って行って花畑周辺で食べることをお勧めします。

花は朝や夕方(陽が当たって暖かくなる前や陽が傾いて気温が下がり始めた後)は閉じてしまうので、お昼前後がきれいに見える時間帯です。その時間帯にたくさん見て回れるようにするといいです。

公園内のレストランに行って食事することもできますが、Postbergから往復50kmくらいあるので、時間がもったいないです。

Postbergエリア内では、海を眺められる Plankiesbaai Picnic Area か、サルダニア湾(Saldanha Bay)やLangebaanの町を眺められる Uitkyk Picnic Area でピクニックランチをされている方が多いです。(トイレもありますし)

あと、出かける際、飲料水も多めに持って行ってください。

◆トイレ

外に出かけていつも困るのが、トイレの場所。
日本のようにパーキングエリアやトイレの使えるコンビニが一定間隔にあるわけではないので、行きたくなっても簡単には見つかりません。

いつどこでトイレに行きたくなるかわからないですから、いざという時に慌てないよう、どこでトイレが借りれるか出発前に確認しておきましょう。(英語でも Nature calls me.と言いますし)

ちなみに、南アフリカではトイレのことを「Toilet」と呼んでます。
英語の本では「Bathroom」とか「Restroom」って言うと書かれていますが、南アフリカでは{Toilet」って普通に呼んでいるので、日本語感覚で言って構いません。

トイレの標識 2020年9月

公園内には5か所(Postbergエリア内は2ヶ所)、公園到着前に3か所あります。

●国立公園内

West Coast NP 料金所でもらえる地図
(引用 ※02)

上の地図は、公園入口で料金を支払うともらえる地図です。
Postbergへ向かう際は、Preekstoelというところが利用しやすいです。
公園内の5か所のトイレは水が使えます。(手は洗えますが、飲まないほうがいいです)


●国立公園までの道中で利用できるところ

トイレのある場所
(引用 ※03)

Beulah Farm Deli
市内から走ると、ルート27とルート315の交差点の前にあります。
ルート27を走っていて、右側に風力発電用の大きな風車が見えてくると交差点に近づいている合図です。
道路上(頭上)にスピードカメラを見つけたら、そのすぐ裏(道路左側)に入口があります。
スピードカメラの標識で見えづらいのと、車一台分の未舗装の小道なので、利用する場合はスピードカメラを見つけたら左のウィンカーを出して減速してください。

Beulah Farm Deli 看板 2020年9月

敷地の入口にはこんな看板が立ってます。

ここはトイレが比較的きれいなのと、建物の外にあるので気持ち的に利用しやすいです。

West Coast Farm Stall
ルート315との交差点をYzerfontein(アイゼルフォンテイン)方向に曲がったすぐのところにあります。(ルート27からも見えます)

Farm Stall(田舎の雑貨屋みたいなところ)なので、入りやすい場所です。
トイレは食堂の中にあります。

Vygevallei Farm Stall
ルート27の陸側にあるので、公園からケープタウンに戻る際に入りやすいところです。
「PUMA」という名前のガソリンスタンドが目印です。
ガソリンスタンドの裏手にトイレがあります。

Route27 Roosterkoek Menu 2020年9月

ここではRoosterkoekという炭火で焼いたパンにチーズやミンチカレー、スクランブルエッグなどを挟んだものが食べられます。(Roosterkoekはアフリカーンス語でトーストしたケーキという意味)

Roosterkoek Special 2020年9月

私が食べたものはSpecialメニューでサイズが大きいものでした。



いずれの場所でもトイレを借りたら、コーヒーを飲んだり何か買って、少しはお金を落としていきましょうね。


引用元:
※01 google map
※02 West Coast National Park Visitor’s Map
※03 google map




にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ウエストコースト国立公園 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウエストコースト国立公園(West Coast National Park) 2020年9月
今年もWest Coast National Parkに花を見に行ってきました。

コロナの影響で今年は行けないかなと思っていましたが、国内の感染が落ち着いて公園も再開し、行けることができました。
今回は9月の後半だったので、花の盛りは過ぎていましたが、花畑は十分広がっていました。

去年は白色が多かった気がしますが、今年は黄色が多いかなと感じました。
年によって変わるのか、時期によって咲く花が変わるのか、それとも気のせいか...

花畑 2020年9月 01 花畑 2020年9月 02

左の写真は、Coast Senecio(Senecio littoreus)という花が広がっていたところ、右の写真は、Stinkingweed(Oncosiphon suffruticosum)という花が広がっていたところです。

花畑 2020年9月 03 花畑 2020年9月 04
こちらはオレンジ(Namaqua Marigold / Arctotis hirsuta)、ピンク(Wild Cineraria / Senecio elegans)、黄(Cape Weed / Arctotheca calendula)、白(Rain Daisy / Dimorphotheca pluvialis)のいろいろな色が混じったエリアです。

花畑 2020年9月 05 花畑 2020年9月 06

Uitkyk Picnic Areaに向かう途中には青色の花(Blue Flax / Heliophila coronopifolia)の群れもありました。(黄色の花はStinkweed)

Namaqua Daisy 2020年9月 01 Namaqua Daisy 2020年9月 02

Cape Weed 2020年9月 Rain Daisy 2020年9月

False Blue Flax 2020年9月 Lampranthus vernalis 2020年9月

ピンクの花は学名しかわかりませんが、蛍光色のように鮮やかで、とてもきれいです。写真に撮るとどうしても色が飛んでしまいます。

花畑の中で、はちみつのような甘い香りがするところもありました。



今年は花ももちろんですが、野生動物もたくさん見ることができました。

Cape Mountain Zebra 2020年9月 Bontebok 2020年9月

Springbok 2020年9月 Steenbok 2020年9月

今回Steenbok(Cape Grysbok?)を初めて見ました。体つきはSteenbokのようですが、顔つきを見るとCape Grysbokのようにも見えます。

Angulated Tortoise 2020年9月 Black Girdled Lizard 2020年9月

Black-winged Kite 2020年9月 Cape Bulbul 2020年9月

動物たちは比較的開けたところにいますが、人を警戒して近づいてこないので、動物を観察するなら双眼鏡は必須です。



ハイカー 2020年9月

公園内にはハイキングコースもあり、この日も花畑の中を通るコースをいくつかのグループがハイキングしていました。
一日がかりで回りますが、私も一度は歩いて回ってみたいです。



今、コロナウィルスによって人間たちは世界中で大騒ぎしていますが、公園にはいつもと変わらない平穏な時間が流れていました。



◆West Coast National Park入場料(2020年10月31日まで)
フラワーシーズン(8,9月):198ランド
通常料金(8,9月以外):96ランド
まだ国境封鎖が続いているせいか、今回私も南アフリカ国民の通常料金(64ランド)で入場できました。





にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

ウエストコースト国立公園 | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ